メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたと選ぶ北海道重大ニュース【わたしと北海道150年】

元知事・横路孝弘さん

写真: 拡大

写真:事務所の机に座る横路孝弘さん=29日午前、札幌市中央区、白井伸洋撮影 拡大事務所の机に座る横路孝弘さん=29日午前、札幌市中央区、白井伸洋撮影

 ●元知事・横路孝弘さん(77)

 ■アイヌ民族・戦争、忘れずに

 まず思うのは、なぜ「150年」なのかということです。「北海道と命名されてから」ということですが、この地には先住民族としてアイヌの人たちがいた。そのことを忘れてはなりません。

 私は高校の途中まで札幌で過ごしましたが、アイヌの人たちを意識したことはありませんでした。真剣に向き合ったのは、政治家になってからです。

 知事となり、アイヌ民族に関する新法を作るための懇話会を設置しました。アイヌ民族は先住民族だと明記した法律を作るべきだとの答申を受け、村山富市内閣に申し入れました。五十嵐広三官房長官が有識者懇談会を作り、やがて衆参両院で先住民族として認める決議につながりました。

 作家の司馬遼太郎さんから、こんな話を聞きました。13世紀の「文永・弘安の役」(元寇〈げんこう〉)のころ、元は間宮海峡も渡って攻めてきた。これに抵抗して道内に来るのを防いだのは、樺太のアイヌ民族だったそうです。私は全然知りませんでした。樺太などに住んでいたアイヌの人たちは、明治政府による樺太千島交換条約で強制的に道内に移住させられた。慣れない土地で病気になり、大勢が亡くなったそうです。

 アイヌの人たちとの関わりは、私が歴史や文化と向き合うきっかけになりました。その土地で生きていくには、住んでいる人すべての歴史、文化、そして周辺との交流を長い目で見ていかねばなりません。「150年」に疑問を感じるのは、そんな理由からです。

   □  ■  □

 ■歴史みつめ、周辺国と平和交流を

 歴史を見つめる上でもう一つ挙げなければならない大切なこと、それは戦争です。2千人以上が犠牲となった北海道空襲のほかにも、歴史年表に載っていないたくさんの悲しい出来事がありました。激戦だった沖縄戦も、道内出身の人がたくさん犠牲になっています。旭川の第7師団が送り込まれ、道内のほぼすべての市町村に沖縄戦の犠牲者がいるのです。

 個人的にも戦争の影響を受けています。母の兄にあたる(経済学者の)野呂栄太郎は、治安維持法違反で逮捕されているのです。「京都学連事件」と言います。1925年に治安維持法ができた直後、軍事教練に反対して捕まりました。

 札幌の大通小学校に通っていた頃、近くに拘置所がありました。登校する時、集団でつながれて裁判所や検察に向かう人たちの姿をよく見ました。母に「何をした人?」と尋ねると、「悪いことをした人もいるけれど、正しいことをした人もいるのよ」と言われました。きっと兄のことがあったからでしょう。

 知事時代、サハリン(樺太)の知事を招いたことがあります。終戦直前にソ連が侵攻し、激しい地上戦となったところです。たまたま大通公園でビアガーデンをやっていて、「のぞいてみたい」というので立ち寄りました。戦後、樺太から引き揚げてきた人たちも多かったのでしょう。ハムやソーセージを持ってきて「食べろ、食べろ」と大歓迎されました。「日本人はロシア人が嫌いだと聞いていた。でも来てみたら違った」。彼はそう言って帰国しました。大やけどをしたコンスタンチン君を助けてほしいと要請を受けたのは、それからすぐのことでした。

   □  ■  □

 これからの北海道に大切なことは、まず平和であること。そのためには周辺の国との交流が大事です。もう一つは、雇用の場をどう作るか。仕事があれば生活ができて、結婚して子どもも育てられる。豊かな自然、子育てに魅力的な環境……宝物は足元にあります。過去の歴史をしっかり見つめながら、みんなで新たな歴史を作っていきましょう。

 (聞き手・長谷川潤、撮影・白井伸洋)

 =おわり

 【横路さんが挙げる北海道の歴史の重要テーマ】(順不同)

 ●アイヌ民族

 「アイヌ民族を先住民族とすることを求める」国会決議(2008年)など

 ●戦争

 レーン・宮沢事件(1941年)、北海道空襲(1945年)など

 ●教育

 札幌農学校開校(1876年)など

 ●災害

 有珠山噴火(1977年)、北海道南西沖地震(1993年)など

 ●交通

 青函トンネル開通(1988年)、新千歳空港開港(同)など

    *

 よこみち・たかひろ 1941年、札幌市生まれ。68年に札幌で弁護士を開業し、翌69年、急死した父・節雄氏を継いで社会党から衆院選に立候補して初当選。83年、当時全国最年少の知事となった。96年に国政に復帰し、民主党副代表や衆院議長などを務め、昨年政界を引退した。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ