メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【北海道発 平昌2018】

苫小牧でスマイルジャパン壮行会

写真:壮行会に臨んだ「スマイルジャパン」のメンバーたち=苫小牧市役所ロビー 拡大壮行会に臨んだ「スマイルジャパン」のメンバーたち=苫小牧市役所ロビー

写真: 拡大

■苫小牧市役所に代表23人 メダルを目指す

 平昌五輪のアイスホッケー女子日本代表(スマイルジャパン)の壮行会が19日、苫小牧市役所で開かれた。前回のソチ五輪にも出場した大沢ちほ主将は「(全敗の)ソチでの悔しさをバネにレベルアップしてきた。メダルを目指して頑張る」と意気込みを語った。

 スマイルジャパンは17日から21日まで同市の白鳥王子アイスアリーナで五輪前の最終合宿中。19日は代表メンバー23人全員が市役所ロビーに集合した。約250人の市民を前に山中武司監督は「強豪ぞろいだが、最高のスマイルでニュースをお届けしたい」と決意を語った。

 岩倉博文市長は「積極果敢なプレー、緻密(ちみつ)な判断力、すばらしいチームワークを発揮すれば、必ずや勝利の女神はほほえむ」と激励した。また、苫小牧南高校出身の山中監督には母校の生徒会から生徒らのメッセージが届けられた。生徒会長の森田奨さん(17)は「アイスホッケーが大好き。みんなで応援したい」と話した。

 (深沢博)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ