メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

話題を深掘り「ラウンジ」【ラウンジ】

訪日客増、受診態勢を手厚く

写真: 拡大

写真:札幌東徳洲会病院にある外国人患者用の待合室。海外のテレビが流れ、雑誌なども置かれている=札幌市東区 拡大札幌東徳洲会病院にある外国人患者用の待合室。海外のテレビが流れ、雑誌なども置かれている=札幌市東区

写真:北海道を訪れた外国人観光客数の推移 拡大北海道を訪れた外国人観光客数の推移

 ■医療機関、安心作りに工夫

 ■通訳サービス ■専用の待合所 ■スタッフ増員

 北海道を訪れる外国人観光客が年々増加しているのに伴って、道内の医療機関でも外国語が話せる職員を配置するなど受け入れ態勢を整備する動きが進んでいる。一方、医療費が支払われない「未払い」などの課題もあり、道は対策に取り組み始めた。

 道によると、2016年度に道内を訪れた外国人観光客は約230万人で5年連続で過去最高を記録。これに比例して医療機関を受診する外国人の数も増えているとみられる。国土交通省北海道運輸局が16年度に道内の医療機関585施設から回答を受けたアンケートでは、約7割の390カ所が13〜15年度の3年間に外国人患者を受け入れた経験があると答えている。

 「札幌東徳洲会病院」(札幌市東区)には16年度、1232人の外国人患者が受診。13年度の201人から6倍以上に増えた。17年度も11月までに881人と前年を上回るペースで、同院は1600人を見込んでいるという。

 増加する外国人患者に対応するため同院は13年に「国際医療支援室」を設置。15年には外国人患者専用の待合所や、イスラム教の患者や職員用の礼拝室を院内に設けた。支援室には中国語や英語など約10カ国語に対応できる通訳職員がおり、中でも中華圏の患者が夜間に急病で訪れることが多いため、交代で自宅に待機するシフトを組んでいる。職員数も急増に対応し、当初の1人から5人へと増員したという。

 スタッフの一人の呉珊珊さん(35)は中国語を話す患者が来たら、どのような治療をするかや受診料の概算を説明する。「お金の心配をする人は多いので、事前に説明を受けることで患者さんも安心できると思う」と話す。同院の担当者は「今後の利用実績を見ながら、職員の増員も検討する必要がある」と言う。

 医療通訳サービスの導入も各地で進む。医療分野の課題解決に取り組むシンクタンク「JIGH」(東京)は外国人が受診した際に電話で医者の診断などを通訳するサービスを14年に開始。道内では千歳市休日夜間急病センターが昨年9月から、ニセコインターナショナルクリニック(倶知安町)も昨年12月の開院と同時に導入しているという。

 ■未払い問題、道も対策 観光パンフに旅行保険加入促す文言

 一方、業界が頭を悩ませるのが医療費の「未払い」問題だ。

 「観光バスの事故で搬送された10人の外国人から診療費を全くもらっていない」――。道内のある医療機関が北海道運輸局のアンケートに寄せた実態だ。道内では外国人患者の診療費を回収できていない事例が15年度までの3年間に28の医療機関であった。入院中に黙って帰国したり、帰国後に連絡が取れなくなったりした事例があるという。

 未払い問題に詳しい国立国際医療研究センター(東京)の堀成美さんは「患者側に支払い能力がない場合もあるが、医療機関側の言葉の問題で患者の支払い能力や選択肢を把握できない場合も多い」と指摘。医療機関側や行政が通訳者を手配する必要性を訴える。

 過去に未払いで計1千万円以上が回収できなかった経験がある札幌東徳洲会病院では、3年前にホテル名やパスポート番号を記入してもらう外国人専用の受診申込書を作成したほか、中国の銀行が発行する「銀聯(ぎんれん)カード」で決済できるようにするなど、対策を講じている。担当者は「今は未払いはほとんどない」という。

 道も受け入れ態勢を強化しようと対応を始めている。道医務薬務課は外国語で対応できる道内の医療機関の一覧を作り、昨年6月から5カ国語でホームページに掲載、宿泊施設にも提供している。今年度内には日本での病院のかかり方を説明したしおりも作る予定だ。「未払い」問題対策としては、観光パンフレットに17年度作成分から旅行保険への加入を促す文言を入れるなどしている。道の担当者は「今後も医療受け入れ態勢の課題を地域で共有し、考えていきたい」と話している。

 (坂東慎一郎)

PR情報

ここから広告です

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ