メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

道内スポーツ【北海道発 平昌2018】

葛西選手「金メダル取りたい」

写真:笑顔で撮影に応じる(左から)小林陵、小林潤、葛西、伊東、竹内の各選手=札幌市中央区 拡大笑顔で撮影に応じる(左から)小林陵、小林潤、葛西、伊東、竹内の各選手=札幌市中央区

写真: 拡大

 ■スキージャンプ男子 札幌で最終調整

 平昌五輪のスキージャンプ男子日本代表で、冬季五輪史上最多の8回目の五輪出場となる葛西紀明選手(45)ら5人が1日、札幌市で大舞台への意気込みを語った。

 葛西選手と同じ下川町出身の伊東大貴選手(32)、岩手県出身で道内企業の別々のスキー部に所属する小林潤志郎選手(26)と陵侑(りょうゆう)選手(21)の兄弟、長野県出身の竹内択選手(30)も記者会見に出席した。

 男子代表陣はこの日から、札幌市の大倉山ジャンプ競技場などで五輪前の最終調整に入った。葛西選手は会見で「(これまでの)7大会同様、金メダルを取りたい、という気持ち」と力強く述べた。

 4度目の五輪出場となる伊東選手は今季、ワールドカップ(W杯)開幕戦で転倒して右肩を亜脱臼し、リハビリを経て1月下旬のW杯で復帰したばかり。「けがで出遅れはあるけれど、地元で体をしっかり作りあげて臨みたい」と、落ち着いた表情で語った。

 (武沢昌英)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ