メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

木曜「カルチャー・考える」【BOOKほっかいどう】

『農村で楽しもう』

写真: 拡大

写真: 拡大

 ■農都共生へ魅力的な試み

 『農村で楽しもう』〈著〉林美香子

 少子高齢化や過疎化が進む地域社会。活性化には、農村と都市が共生する「農都共生」が重要、と著者は訴える。都会の人が農村を楽しむことなどを通して相互理解を深める。その試みとして、道内の4カ所を含む六つの事例を紹介する。

 ニセコ町のニセコ高橋牧場は、昭和初期から営んできた酪農一本から、「ミルク工房」を立ち上げて乳製品の生産加工販売を展開したケースだ。菓子製造やレストラン、直売所など、6次産業化を推し進める。

 真狩村の「レストラン・マッカリーナ」は、羊蹄山のふもとに約20年前にオープンした宿泊施設付きのレストラン。人気の秘密をマネジャーとシェフが語る。十勝の「満寿屋商店」は、地元産小麦にこだわるパン屋。帯広市の広大な店舗「麦音」や東京出店などについて、社長が思いを語る。

 著者は元札幌テレビ放送(STV)のアナウンサー。現在はフリーのキャスターとして札幌を拠点に活動する傍ら、慶応大学大学院特任教授を務めている。食材や風景の写真がフルカラーでふんだんに盛り込まれ、出かけてみたくなる魅力的な場所ばかりだ。

 (安曇出版、税込み1728円)

 (芳垣文子)

PR情報

ここから広告です

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ