メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

道内スポーツ【北海道発 平昌2018】

女子モーグル予選9位、決勝進出

写真:女子予選でターンする村田愛里咲=細川卓撮影 拡大女子予選でターンする村田愛里咲=細川卓撮影

写真:平昌五輪でテストジャンパーを務める下川商高のスキー部員たち=2日、名寄市 拡大平昌五輪でテストジャンパーを務める下川商高のスキー部員たち=2日、名寄市

写真: 拡大

■村田、本番ピタリ

 平昌冬季五輪は9日午前のフリースタイル女子モーグル予選に村田愛里咲(北翔大出身)が出場、9位で決勝進出を決めた。ジャンプ男子ノーマルヒルは北海道勢4人全員が8日夜の予選を通過。冬季五輪史上最多となる8回目の出場を果たした葛西紀明、好調を維持する小林潤志郎ら4人が10日夜の本戦に臨む。スピードスケートでは、高木美帆と佐藤綾乃が10日、女子3000メートルで道勢の先陣を切る。

■フルツイスト「応援が力に」

 ゴールして右手を突き上げた。練習ではうまく入れなかったフルツイスト(伸身後方宙返り1回ひねり)が本番で決まった。

 村田はゴール後のインタビューで、息を弾ませながら「全力で滑りました。みんなの応援が力になった」と笑顔を見せた。

 北九州市出身。中学卒業後、3歳上の兄がスキー留学している北海道へ。札幌市の尚志学園高校(現北海道科学大学高校)に入学し、世界を目指して技を磨いた。江別市の北翔大に進み、19歳での初の五輪は8位入賞。2回目のソチ五輪は、決勝に進んだが、左ひざのけがで棄権した。

 前回の悔しさを晴らしてほしいと、母校でも応援に力が入る。「はらはらしてテレビ中継を見ていました」。高校で担任を受け持った池脇巨樹(なおき)教諭(35)はこの日、興奮冷めやらず。「大きなミスもけがもなく、ほっとしました。でも、あの愛里咲の顔を見ると、メダルを取ってほしいって改めて思いました」と期待を寄せた。

 池脇教諭は村田の学生時代を振り返り、「すっごく明るくてムードメーカー。教員1年目にジャガイモってあだ名をつけられたけど、おかげで生徒たちと親しくなれた」。親元から離れ、兄と暮らしていたが、「きちんとした学生生活を送っていた」という。

 卒業してからもメールのやりとりをしてきた。2014年に左ひざにけがを負って入院していた時、ケーキを持ってお見舞いに。「しょげているかとおもったら、元気いっぱいの笑顔でケーキを食べてくれた。逆境にめげない強さがある」と言う。

 同級生で現在、同校野球部監督の山口凱さん(27)は「ぼくたちは甲子園を目指していたけど、愛里咲はトップレベルで世界と戦っていた。アスリートとして一目置く存在。昔は同級生だったけど、今はファンとして応援している」と話す。

 北翔大スキー部顧問の竹田唯史教授(52)は「ここ一番で思いっきり技を出せるのが、愛里咲の強み。決勝でもフルツイストを成功させて、上位、いやメダルまで届いてほしい」と話した。

 (岡田和彦)

■「力が出せれば」「本戦落ち着く」 男子ノーマルヒル

 8日夜のジャンプ男子ノーマルヒル予選で21位だった小林陵侑 「初めての五輪なので、緊張せずに自分の力が出せればいい」

 同種目予選で31位だった伊東大貴 「(五輪出場は)4回目なんで、多少慣れているかなと思ったが、それなりに緊張して、動きも固くなって。本戦は落ち着いて臨めると思う」

■下川商高生、大舞台の喜び テストジャンパーにスキー部員10人

 平昌五輪で、ノルディックスキーのジャンプと複合の本番前にジャンプ台や風の状態を確かめるテストジャンパーに、下川商業高校(下川町)のスキー部員10人が選ばれた。同校は、ジャンプ五輪代表の伊藤有希、伊東大貴の母校。部員たちは、世界の舞台での飛躍に意気込んでいる。

 全日本スキー連盟によると、平昌五輪の大会組織委員会から、テストジャンパーの派遣要請があった。連盟は希望者を募り、過去の大会成績や実力などを考慮して、27人を選出。下川商からは、3年生5人、2年生1人、1年生4人が選ばれた。

 開幕を前にした今月2日の取材に、佐藤友星(ゆうせい)さん(3年)は「五輪の舞台で飛べると思うと、普段の練習のモチベーションも上がる」と気合十分。五十嵐彩佳さん(同)は「世界の舞台に立った時に、自分のメンタルやジャンプがどうなるのか冷静に分析したい」と語った。

 下川商の選手たちを育ててきた下川ジャンプ少年団も、特別な思いでいる。秋田県での合宿で知り合った縁で、2014年から韓国の若手選手を受け入れているためだ。平昌五輪の女子韓国代表には、15年に参加した朴奎林(パクキュリム)選手が選ばれた。少年団のコーチ、竹本和也さん(36)は「縁が深い韓国での貴重な機会。パク選手のように、選手として選ばれてほしいので、次につながれば」と話した。

 (弓長理佳)

 <10日、道内関係選手の出場予定種目>

 ◇スノーボード

午前10時〜 男子スロープスタイル予選 大久保勇利

 ◇距離

午後4時15分〜 女子距離複合 石田正子

 ◇アイスホッケー

午後4時40分〜 女子1次リーグ(スウェーデン戦)

 ◇スピードスケート

午後8時〜 女子3000メートル 高木美帆、佐藤綾乃

 ◇バイアスロン

午後8時15分〜 女子7・5キロスプリント 立崎芙由子、田中友理恵、三橋李奈、古谷沙理、蜂須賀明香

 ◇ジャンプ

午後9時35分〜 男子ノーマルヒル本戦 葛西紀明、伊東大貴、小林潤志郎、小林陵侑

 (出場予定はエントリー種目)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ