メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【北海道発 平昌2018】

スマイルJ スウェーデンに1―2

写真:第2ピリオド、ゴール付近に攻め上がるFW大沢=北村玲奈撮影 拡大第2ピリオド、ゴール付近に攻め上がるFW大沢=北村玲奈撮影

写真:上:声援を送る苫小牧市民ら=苫小牧市 下:声援を送ったダイシンの選手ら=釧路市 拡大上:声援を送る苫小牧市民ら=苫小牧市 下:声援を送ったダイシンの選手ら=釧路市

写真: 拡大

■スマイルJ、攻め貫いた スウェーデンに1―2

 平昌冬季五輪は10日、アイスホッケー女子のスマイルジャパンが初戦で格上のスウェーデンと戦い、一時は同点に追いついたが1―2で惜敗。五輪初勝利は次戦に持ち越された。スノーボードのスロープスタイル男子の道勢最年少17歳、札幌出身の大久保勇利は予選2組で8位と、6位までの予選通過はならなかった。距離複合女子に出場した美幌町出身の石田正子は14位だった。

■「点取り切れず」悔しさ 大沢ちほ主将、2大会連続まとめ役

 キャプテンの「C」マークを左胸に付けた主将のFW大沢ちほ(26)が10日、悲願の五輪初勝利を目指し、初戦のスウェーデン戦に臨んだ。

 強豪相手に、果敢にシュートを狙った大沢だったが、チームは惜敗。自身の誕生日でもあったこの日に五輪での初白星を挙げることはできなかった。

 「自分たちのペースで試合ができている時間帯がすごく多かったが、その中で点数を取り切れなかった」と試合後のインタビューで悔しさをにじませた。

 苫小牧市出身。6歳から本格的にアイスホッケーを始め、元王子製紙選手で日本代表だった父広利さん(51)に指導を受けた。

 初出場のソチ五輪に続き2大会連続で主将。前回は5戦全敗だった。「個人として持っている力全てを出し切れた」にもかかわらず、世界との差を見せつけられた。1年間米国でプレーし、外国人選手のパワーやスピードを間近に感じながら力を付けた。

 18〜36歳と幅広い年代が集うチームをまとめる力にも磨きをかけてきた。元々、小学時代から主将を務めた経験がある。だが、代表の主将は勝手が違った。「昔はみんなを引っ張るだけと思っていて、自分本位な主将だった。代表チームの主将になり、一人ひとりの考え方は全然違う」と感じた。仲間の話に耳を傾け、意見を取り入れるよう心がけた。

 一昨年の世界選手権では連敗し、「チームが崩壊しかけた」こともあったという。選手を班分けし、チームのコミュニケーション力などを上げる工夫をした。

 昨年2月、地元で開かれた五輪最終予選は全勝で五輪への切符をつかみ取った。平昌本番前には新たに、選手同士が一対一で会話をする「個人面談」を取り入れてお互いを深く知る機会を増やし、「チームワークはどこにも負けない」と自負する。

 12日には世界ランキング6位のスイスとの対戦を控える。「次があるので気持ちを切り替えたい。今日はチャンスがたくさんあったが決めきれなかった。次は勝って決勝トーナメントに進めるように集中したい」と気を引き締めた。

 (森本未紀、深沢博)

 <一時同点、PV応援沸く>

●苫小牧

 苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナのパブリックビューイング会場には約160人の市民が駆けつけ、声援を送り続けた。

 代表23人中10人が苫小牧市ゆかりの選手たち。昨年2月の最終予選で平昌への出場権をつかみ取ったアリーナのロビーに設けられた特設会場は、第2ピリオドで同点に追いつくと大声援に包まれた。

 「今日は大沢ちほ主将の誕生日。記念すべき一勝を」と、太鼓をたたき続けた岩崎隆司さん(65)は1点及ばず試合終了に、「う〜ん残念。でも、あと二つ勝てば決勝トーナメントにいける。12日も14日も応援します」と会場をあとにした。

●釧路

 代表にゆかりの選手が9人いる釧路市では、市生涯学習センターまなぼっと幣舞に約400人の市民が集まった。

 竹内愛奈、寺島奈穂、浮田留衣の代表選手3人が所属する「ダイシン」でプレーする、同市の高校1年石黒亜結さん(16)は「奈穂さんには体の張ったがむしゃらなプレーをしてほしい」と声援を送っていた。

 (深沢博、佐藤靖)

■1本目硬かった 男子スロープ

 スノーボード・スロープスタイル男子予選に挑み、決勝進出を逃した大久保勇利 「1本目はちょっと硬かったような気がします。2本目は自分のやりたいルーティンを決められたから、まあ良かったけど、やっぱり悔しいことは悔しいです」

 <11日、道内関係選手の出場予定種目>

 ◇距離

午後3時15分〜 男子距離複合 吉田圭伸

 ◇スピードスケート

午後4時〜 男子5000メートル 一戸誠太郎、ウイリアムソン師円

 ◇バイアスロン

午後8時15分〜 男子10キロスプリント 立崎幹人

 ◇フリースタイル

午後9時〜 女子モーグル決勝 村田愛里咲

 (出場予定はエントリー種目)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ