メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

金曜「ライフ・楽しむ」【わたし色】

読み手意識すると心にスイッチ 美馬のゆり

写真: 拡大

 ●公立はこだて未来大教授・美馬のゆりさん

 先日友人たちと旅行に出かけた時のメンバーに、信号機についてとても詳しい小学3年生がいました。全国の特殊な信号機を知っているだけでなく、構造やなぜそうなっているのかの理由も理解しています。みんながそれを聞いて驚くと、さらに色々とうれしそうに話します。

 「このままではもったいないから、ノートにまとめてみたら」と提案したところ、どうも乗り気ではありません。そこで「信号機のことをよく知らない小学1、2年生に教えてあげたいと思わない? 彼らがわかるように、絵本を一緒に書いてみようよ」と言ったらスイッチが入りました。

  □  ■  □

 一緒に信号機の特徴を分け、章立てして書いていく計画を立てました。縦型か横型か、電灯の数・色・形・点滅方式、車・歩行者・路面電車などの用途、ひさしの形など、出てくる、出てくる。

 ノートの持ち合わせがなかったので、使用済みの紙の無地の方を表にして半分に折り、ホチキス留め。にわか仕立ての冊子ができあがりました。そこに名称と機能、用途などが、図解付きで書き込まれていきました。その文章力には親もびっくりです。

 この旅行のちょっと前、英語で履歴書を書く機会がありました。単なる英訳ではダメだと思い、書き方を調べると形式に違いがありました。日本の典型的な履歴書では、学歴があり、職歴が続きます。いずれも古いものから新しいものへと書いていきます。職歴は会社名と部署名です。

 一方英語版では、職歴が学歴の前に来ます。ともに内容は新しいものから古いものへ。職歴では、仕事の内容を表す肩書、部署名、会社名となります。

 なぜこのような違いがあるのでしょうか。

 履歴書を書くのは、たいてい就職、転職の時です。読むのは採用するかしないかを判断する人。どの学校に入学できたか、どの会社に入社できたかという入り口の時の力より、その人が何をやってきたかの経験や、いま何ができるかを知りたいのです。そう気づくと、日本の賞罰欄にあたる「名誉と認定」にも書きたいことが出てきました。

  □  ■  □

 読む相手を意識すると、書くべき事柄が浮かんできます。自分のための日記も大事ですが、「あの人に読んで欲しい」「伝えたい」と思うと、書こうという気持ちが湧いてきませんか。

 信号機の絵本は、旅行が終わりに近づき時間切れ。その子は「おうちで続きを書くので、できたら研究室に持っていくね」と言っていました。出来上がりが楽しみです。

PR情報

ここから広告です

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】銘柄別に適温を教えてくれる

    美味しくワインを飲むために

  • 写真

    【&TRAVEL】富士急ハイランド入園無料化

    “顔パス”もOKに〈PR〉

  • 写真

    【&M】軽快さが魅力の新型クラウン

    小川フミオの試乗ギャラリー

  • 写真

    【&w】湘南で人気のママ応援誌

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日北香那さんが声優初挑戦

    「ペンギン・ハイウェイ」公開

  • 写真

    WEBRONZA故翁長雄志氏の生き様

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンマドラスチェックを着こなす

    品と適度な軽妙さを演出

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    旬菜 ル・ゴロワ風サラダ

  • 写真

    GLOBE+カーニバルのようなお葬式を

    5歳の子の願い

  • 写真

    sippo殺処分ゼロへ、意識改革を

    大阪の動物愛護センターを見る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ