メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【北海道発 平昌2018】

笑顔5輪 LS北見、故郷の抱擁

写真:銅メダルを手に笑顔を見せるLS北見のメンバーら=女満別空港 拡大銅メダルを手に笑顔を見せるLS北見のメンバーら=女満別空港

写真:出迎えを受けたスマイルジャパンのメンバーら=新千歳空港 拡大出迎えを受けたスマイルジャパンのメンバーら=新千歳空港

 ■スマイルジャパンにも拍手

 五輪の舞台で鮮やかに躍動した道産子選手たちが27日、次々に地元に帰ってきた。ホームグラウンドに降り立って安堵(あんど)の色も浮かべる選手たちと、成長する姿を見守ってきた家族や知人らとの間に、改めて歓喜の輪が広がった。まだまだ、興奮は冷めない。

 銅メダルを獲得したカーリング女子の日本代表・LS北見は、地元の北見市に凱旋(がいせん)。選手が到着する女満別空港(大空町)には、家族や知人、ファンら約500人が集まった。

 27日午後7時50分ごろ、空港のロビーに銅メダルをかけた選手とコーチらが姿を見せると、割れんばかりの拍手と歓声が上がり、セレモニーで本橋麻里ら選手たちが五輪報告と応援への感謝を述べた。

 北見市常呂町などで練習をしてきた選手たちは家族や知人らと握手したり抱き合ったりして喜び合った。

 アイスホッケー女子のスマイルジャパンのメンバーも同日夜、道内に帰ってきた。五輪で2勝して6位になったチームに、関係者から拍手が送られた。

 メンバーのうち、主将の大沢ちほらは新千歳空港に到着。セレモニーも行われ、大沢は「世界との差は確実に縮まっていると実感した。次はメダル獲得を目標に頑張りたい」と語った。

 (石間敦、横山蔵利)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ