メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【北海道発 平昌2018】

「大きな勇気与えてくれた」

写真:3連覇を目指した狩野だったがメダルを逃し、残念がる親族ら=網走市 拡大3連覇を目指した狩野だったがメダルを逃し、残念がる親族ら=網走市

写真: 拡大

 ■男子スーパー大回転・狩野5位、ねぎらう網走市民ら/パラリンピック

 平昌パラリンピックのアルペンスキー男子スーパー大回転座位で11日、狩野亮(31)は5位となり、大会3連覇はならなかった。出身地・網走市のテレビ応援観戦会に参加した市民ら約70人からは、その健闘にねぎらいの声があがった。

 会場では、狩野の親族が前列に陣取り、「AKIRA」の名前を貼り付けたスティックバルーンを握ったり、「必勝」の鉢巻きをしめたりして競技を見守った。

 車いすで応援していた祖父の一(はじめ)さん(90)は順位が決まると、「表彰台に上がれなかったが5位でも十分。転ばずに滑ることができて良かったが、世界の壁は厚かった」。会場で声援を送った水谷洋一市長は「メダルには届かなかったが、攻めた滑りで、大きな勇気を与えてくれた。ご苦労さまと言いたい。次の3種目に期待したい」と話した。

 (宮永敏明)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ