メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

風景絶佳〜北海道あっちこっち【風景絶佳】

知床雪壁ウォーク(斜里、羅臼町)

写真: 拡大

写真:羅臼岳を望みながら雪壁の間を歩く。春の足音を感じながら自然を体感する1日限りのイベントだ(提供/知床斜里町観光協会) 拡大羅臼岳を望みながら雪壁の間を歩く。春の足音を感じながら自然を体感する1日限りのイベントだ(提供/知床斜里町観光協会)

写真:ウトロコースは初心者向けで約6キロ、羅臼コースは健脚向きで約10キロ歩く。参加料は大人2500円。各コース先着250人の定員制。 拡大ウトロコースは初心者向けで約6キロ、羅臼コースは健脚向きで約10キロ歩く。参加料は大人2500円。各コース先着250人の定員制。

■白い壁に春の足音

 世界自然遺産の知床半島を通る国道334号知床横断道路は、冬期間(11月上旬から4月下旬)、積雪のため北海道内の国道で唯一通行止めとなる。「知床雪壁ウォーク」は、開通前にひと足早く春の知床横断道路を歩いて楽しめる1日限りのイベントだ。

 除雪によりできた高さ約4メートルほどの雪壁の間を歩き、頂上付近では除雪作業の様子を間近で見学できる。知床連山の最高峰・羅臼岳や、根室海峡、国後島など雄大なパノラマを望みながらのウォーキングは気分転換やリラックス効果も期待できるだろう。

 コースは斜里町側のウトロコースと、羅臼町側の羅臼コースの二つ。今年の開催は4月8日で、申し込み締め切りは今月16日。予約は知床斜里町観光協会(0152・22・2125)か知床羅臼町観光協会(0153・87・3360)へ。

 (北海道ファンマガジン・laufen)

PR情報

ここから広告です

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ