メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

熱戦再び、LS北見の3人登場

写真:カーリングの混合ダブルス日本選手権1次リーグで、石の行方を見つめる清水(左)と氷を掃く吉田知=青森市 拡大カーリングの混合ダブルス日本選手権1次リーグで、石の行方を見つめる清水(左)と氷を掃く吉田知=青森市

 ■青森で混合ダブルス日本選手権 カーリング

 14日に青森市で開幕したカーリングの混合ダブルス日本選手権に、平昌五輪女子で銅メダルを獲得したLS北見の3選手が登場した。それぞれ男子日本代表のSC軽井沢クラブの選手とペアを組み、1次リーグ初戦に臨んだ。

 LS北見ではスキップの藤沢五月選手は、南富良野町出身の山口剛史選手と組んで、長野県のペアに8―1で快勝。藤沢選手は「(山口選手が)2人分くらい氷を掃いてくれるので頼りになる。お互いカーリングで妥協しない部分が似ていてやりやすい」と語った。サードの吉田知那美選手は、清水徹郎選手とのペアで山形県のペアを8―1で破った。吉田知那美選手は「ミックスダブルス、楽しい!」と笑顔で話した。

 リードの吉田夕梨花選手は両角友佑選手とともに岡山県のペアと対戦し、3―8で黒星発進となった。「相手がすごくうまかった。でもまだ初戦。伸びしろしか感じていない」と前を向いた。

 (渡辺芳枝)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ