メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【北海道発 平昌2018】

LS北見・鈴木選手に「栄誉賞」

写真:花束を受け取る鈴木夕湖選手(左)=北見工業大 拡大花束を受け取る鈴木夕湖選手(左)=北見工業大

 ■母校の北見工大授与

 平昌冬季五輪カーリング女子で日本勢初の銅メダルを獲得したLS北見の鈴木夕湖(ゆうみ)選手に19日、母校の北見工業大(北見市)から栄誉賞が授与された。顕著な功績で社会に希望と活力を与え、同大の名声を高めたとして初の受賞者となった。

 鈴木選手は大学玄関で大勢の大学関係者らに拍手で出迎えられ、花束を贈られた。鈴木選手は「銅メダルを持ち帰って報告できうれしい。カーリングの活動を理解いただき北見工大の皆さんに感謝しています。銅メダルは上があるので悔しい気持ちがある。まだまだ強くなっていきたいので、今後も応援よろしくお願いします」とあいさつした。学長室で、高橋信夫学長から表彰状と記念品が手渡された。取材に鈴木選手は「このような賞をいただきうれしい。大学の同じ研究室のみんなが応援してくれ力になった」と話した。

 鈴木選手は2014年3月、同大バイオ環境化学科卒業。研究室で鈴木選手を指導した佐藤利次准教授も同席し、「学生時代もこんな(明るい)感じで、すごく優秀だった」と目を細めた。

 (石間敦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ