メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

「夢の舞台へ」道営競馬発走

写真:門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬=日高町 拡大門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬=日高町

 ■日高

 道営の地方競馬「ホッカイドウ競馬」が18日、日高町の門別競馬場で開幕した。ぽかぽか陽気に誘われて、多くのファンが詰めかけたが、夜に入って霧が深く立ちこめ、第8レース以降の4レースが中止になる波乱の幕開けとなった。

 ホッカイドウ競馬は馬券のインターネット販売に支えられ、経営は順調だ。80日間開催された昨年度の馬券発売額は前年度比21・1%増の246億4121万円と好調で、2年連続200億円を超え、5年連続の黒字が見込まれている。ネットと電話による馬券発売額が前年度より27・4%増え、売り上げを押し上げた。一方で、入場者数は26万5978人(場外馬券売り場含む)で、前年度比0・6%の減だ。

 今年は北海道命名150年、ホッカイドウ競馬70周年、門別競馬場での「グランシャリオナイター」10年目の節目の年。「夢の舞台へ」をキャッチフレーズに、イベントの充実などでファン拡大を目指す。

 今季は11月8日までの80日間、火、水、木曜日を中心に開催され、全日程でナイターが楽しめる。大型連休中の5月2、3日には「春のケイバまつり」が開かれ、ひだか特産市やご当地グルメ屋台をはじめ、ポニーの体験乗馬、「道営の星」として活躍したコスモバルク号との記念撮影会(3日のみ)などが予定されている。

 (深沢博)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ