メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

わがまち遺産【わがまち遺産】

稚内赤れんが通信所(稚内市)

写真:復元した「赤れんが通信所」で活動について説明する稚内市歴史・まち研究会の富田伸司会長(右)と熊田要二副会長 拡大復元した「赤れんが通信所」で活動について説明する稚内市歴史・まち研究会の富田伸司会長(右)と熊田要二副会長

写真:戦争の歴史を伝える朽ち果てた2棟の赤れんが通信所=いずれも稚内市 拡大戦争の歴史を伝える朽ち果てた2棟の赤れんが通信所=いずれも稚内市

写真: 拡大

 ■「ニイタカヤマノボレ」中継打電

 稚内空港南側の小高い丘に、赤れんがの大小の建物3棟がひっそりと立つ。「旧大湊海軍通信隊稚内派遣隊幕別送信所」。人目を避けるように雑木林に囲まれた建物群は「稚内赤れんが通信所」と呼ばれ、2棟は朽ち果ててはいるが、いまも戦争遺産として悲惨な歴史を伝えている。

 「ニイタカヤマノボレ(新高山登れ)一二〇八」。1941(昭和16)年12月8日の真珠湾攻撃を指示する暗号電文は、ここから択捉島中部の単冠湾(ひとかっぷわん)を出た艦船に中継打電され、日本は太平洋戦争に突入した。敗戦の足音が近づく45年3月には、硫黄島で玉砕を覚悟した栗林忠道中将からの決別電報も傍受。最北の無線基地でありながら常に最前線と連絡をとりあった国防の通信拠点だった。

     *

 通信所の2棟は昭和の初めに対ロシア戦略の一環として無線の傍受を目的に建設された。太平洋戦争の開戦に合わせて1棟が増築され、1個中隊編成の隊員が常駐した。敷地は約6ヘクタールで、建物は通信所庁舎や隊舎などに使われ、50メートルと30メートルの2本のアンテナが立っていた。

 戦後は62年まで米軍キャンプがあり、地元とも交流したが、その後は国の管理となり、2006年に稚内市が譲り受けた。建物は屋根の鉄板も剥がれ、崩落も進んでいたが、「歴史的な建造物を残したい」という機運が盛り上がり、市民団体「稚内市歴史・まち研究会」が09年に管理ボランティアを引き受けた。

 大規模な2棟は手が付けられない状態で、研究会は一番小さな1棟を地元業者から資材提供や板金組合の協力を得て修復。屋根のふき直しや窓の修理、当時のストーブも図面を見ながら復元した。建物のれんがは江別市などで作られ、国鉄天北線で運ばれたものだという。

     *

 研究会はこれまで2280本のエゾヤマザクラを植樹した。復元棟は見学の際の説明会場として利用しているほか、太平洋戦争開戦の12月8日に、平和を祈って、7年前から灯籠(とうろう)をともしている。こうした活動が評価され、昨年、国土交通省の「手づくり郷土(ふるさと)賞」の一般部門に道内から唯一選ばれた。

 最近では吉永小百合さん主演の映画「北の桜守」のロケ地にも使われたが、2棟は年々朽ち、保存方法が課題になっている。研究会の富田伸司会長(58)は「国境の街であるがゆえの戦争遺産。悲惨な歴史をなんとか形として残していきたい」と話している。

 エゾシカの食害でサクラは約30本しか残っていないが、研究会は、13、19、20日に花見会場として一般開放する。この日以外の施設見学は市教委(0162・23・6056)への事前予約が必要。

 (奈良山雅俊)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】私の人生を変えた鍋

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    【&TRAVEL】ヨーロッパ観光の穴場

    ルクセンブルクの魅力〈PR〉

  • 写真

    【&M】井浦新、ものづくりへの情熱

    「PRO TREK」と夢のコラボも

  • 写真

    【&w】野村佐紀子が写す境界線

    写真展 “GO WEST”21日から

  • 写真

    好書好日女性の生きづらさリアルに

    共感集める伊藤朱里さんの小説

  • 写真

    論座帰国事業の真実(上)

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンシャネルのポップアップ開催

    ホリデーシーズンを盛り上げる

  • 写真

    T JAPAN大人のクリスマスケーキ5選

    チョコも、モンブランも!

  • 写真

    GLOBE+これでいいのか?働き方改革

    韓国で副業急増・帰宅後バイト

  • 写真

    sippo先に老いていく犬たち

    最期まで飼うことを考える2冊

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ