メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

チームIWAI、日本代表逃す

写真:試合に敗れ、SC軽井沢クの選手たちと握手を交わすチームIWAIの青木選手(中央)や岩井選手(手前左)ら=北見市、白井伸洋撮影 拡大試合に敗れ、SC軽井沢クの選手たちと握手を交わすチームIWAIの青木選手(中央)や岩井選手(手前左)ら=北見市、白井伸洋撮影

 ■SC軽井沢クの強さ、実感/カーリング

 カーリングのパシフィック・アジア選手権の日本代表決定戦が20日、北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで閉幕した。札幌が拠点のチームIWAIは平昌五輪代表のSC軽井沢クと4戦し、1勝を挙げたが、代表の座は逃した。

 チームは現在のメンバーで結成して4カ月。スキップの岩井真幸選手(32)は道庁、青山豊選手(33)は札幌市役所、似里浩志選手(37)は旭川市役所に勤める公務員カーラーだ。2月の日本選手権で初優勝、3月の世界選手権に出場し、力をつけている。

 今大会、日本選手権に出場していなかったSC軽井沢クと初めて対戦。18日の第2戦で6―5と競り勝った。その後は相手のペースを崩せず、2連敗した。

 収穫はあった。岩井選手は「五輪のチームの強さを肌で感じた。1勝して自信がついてきた」と語った。

 (浅野有美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ