メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

レトロ建物グラフィティー【レトロ建物グラフィティー】

三祐ビル

写真:イラスト・松本浦 拡大イラスト・松本浦

■水素・生花 癒やしの店並ぶ

 老舗そば店「東家寿楽」の隣に立つ三祐ビルは、外観からして昭和が匂う古めかしい木造モルタル2階建て(1960年築)。以前から気になっていた建物だが、店の入れ替わりが早く、取材しようと思っても空き家だったこともある。その1階2016年4月から営業するのが、「すいそのおみせHarmony」である。

 元飲食店だった店内は、カウンターを受け付けに、段差のあるスペースは休憩コーナーに、奥は療法室へ変身。居抜きの店舗跡を上手に利用して、リラックスできる空間を生み出した。

 代表の竹村登代子さん(64)によると、「病気や老化の原因は活性酸素なので、身体の悩みの多くは水素で解決できます」。外部から水素を取り入れると、ストレスなどで発生した活性酸素と融合して水(尿)として体外へ排出できるそうで、そのための水素吸引療法をこの店では実践しているという。通常2時間で5千円(予約制)。「まったりと息抜きができます」と、広報担当の佐藤眞子さんが説明してくれた。

 建物正面の中央に掲げられた三祐ビルの看板を境に、左手に入居するのは生花店「ジャズフラワーショップ」。かつてジャズバーでドラムスを担当したオーナーが、老舗の生花店「花保」で10年ほど修業し、2年前に開店している。生のユーカリの実やケニア産の深紅のバラなど珍しいものもそろい、花の並べ方からインテリアまで実にアバンギャルドな、個性派の生花店である。

 ◇札幌市中央区北2条西27丁目 電話011・300・0318(Harmony)

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ