メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦え!コンサドーレ札幌2018【2018年公式戦】

○終了間際の決勝弾・長崎戦(第19節)

写真: 拡大

 ■長崎に3―2

 北海道コンサドーレ札幌は第19節の1日、アウェーでV・ファーレン長崎と対戦し、終了間際に都倉が決勝ゴールを決め、3―2で勝利した。通算成績は8勝4敗6分け。札幌は得点を入れては返される展開を最後に制した。

 札幌は前半、右サイドから仕掛け、MF三好、駒井やFWジェイが相手ゴールを脅かしたが、無得点で折り返す。後半6分、ジェイの先制点から試合が動き、追いつかれたが、MFチャナティップのゴールで引き離す。しかし、暑さ、疲れからパスや守備の精度が落ち、再度追いつかれた。あきらめずにボールを追い、都倉が押し込んで決着をつけた。

 (岡田和彦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ