メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

躍進!コンサドーレ札幌2018【2018年公式戦】

△失点直後奪い返す・セ大阪戦(第21節)

写真:前半7分、チャナティップが同点のゴールを奪う=札幌ドーム 拡大前半7分、チャナティップが同点のゴールを奪う=札幌ドーム

写真: 拡大

 ■攻撃しのいでドロー

 北海道コンサドーレ札幌は第21節の11日、札幌ドームでセレッソ大阪と対戦し、1―1で引き分けた。通算成績は8勝5敗7分け。前半6分、相手のCKから先制されたが、札幌はすぐに追いついた。DFキムからのロングボールをDF石川が頭で折り返し、MFチャナティップがトラップして素早く左足でシュートし、ゴールネットに突き刺した。

 その後は一進一退。涼しい札幌ドームで、両チームの選手たちがスタミナ切れを心配せず、激しくボールを奪い合い、カウンター合戦となった。シュート数は札幌8本に対し、C大阪は18本。札幌が攻め込まれる時間帯が長かったが、しのぎきった。

 ペトロビッチ監督は「セレッソは個の能力が高い選手がそろい、厳しい戦いだった。打たれたのはミドルシュートが多く、守りを崩されたのはあまりなかった。攻撃では、ラストパスの精度がもう少し高ければもっとチャンスをつくれた」と話した。

 (岡田和彦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ