メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

躍進!コンサドーレ札幌2018【2018年公式戦】

○後半3発、逆転勝利・東京戦(第23節)

写真:決勝ゴールを決めて喜ぶチャナティップ(右)と都倉=札幌ドーム 拡大決勝ゴールを決めて喜ぶチャナティップ(右)と都倉=札幌ドーム

写真: 拡大

 ■FC東京戦

 北海道コンサドーレ札幌は第23節の19日、札幌ドームでFC東京と対戦し、3―2で逆転勝ちした。前半に2点を失ったが、後半は見違えるような攻撃で3点を取り返した。対戦成績は9勝5敗8分け。

 前半は東京に主導権を握られた。札幌は、自陣でのパス回しでミスを繰り返すなど消極的なプレーに終始。ハーフタイムに、ペトロビッチ監督が「何を怖がっている。球際をもっと厳しく、激しく攻めろ」とげきを飛ばした。選手交代やマークの徹底などで相手の攻撃の起点を抑え、反撃するよう指示を出した。

 後半8分、都倉のヘディングシュートが相手DFに当たってゴールに飛び込み、1点をかえす。流れはそこから変わった。同23分には白井のJ1初得点となる同点ゴール。勢いに乗り、チャナティップが中央から豪快に決勝ゴールを決め、逆転に成功した。

 ペトロビッチ監督は「前半と後半の違いをみれば、チームが一歩一歩成長していることを、サポーターに分かってもらえたと思う」と笑顔で話した。

 (岡田和彦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ