メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦え!コンサドーレ札幌2018【2018年公式戦】

○ホームで神戸に3―1(第25節)

写真:前半、ゴールを決めて仲間と喜び合う菅(右から2人目)=いずれも1日午後、札幌ドーム 拡大前半、ゴールを決めて仲間と喜び合う菅(右から2人目)=いずれも1日午後、札幌ドーム

写真:上:福森からのパスを都倉が押し込み、2点目を挙げる 下:中央からのFKを福森が素早く蹴り3点目 拡大上:福森からのパスを都倉が押し込み、2点目を挙げる 下:中央からのFKを福森が素早く蹴り3点目

写真: 拡大

 ■イニエスタ封じ3連勝

 北海道コンサドーレ札幌は第25節の1日、札幌ドームでヴィッセル神戸と対戦し、3―1で快勝した。3連勝で通算成績を11勝5敗8分けとした。スペインの名門バルセロナから加入したイニエスタら有名選手を擁する神戸が相手とあって、入場者数は今季最高の3万2475人を記録した。

 札幌がイニエスタの華麗なプレーを封じ、前回の対戦で0―4と完敗を喫した強豪を撃破した。

 前半、積極的に圧力をかけ、相手に自由にボールを持たせなかった。ボールを奪うと、サイドに大きく振って攻め込み、中央にクロスを上げてチャンスをつくった。前半11分、駒井からのクロスを菅が頭で合わせて先制。攻め込まれた神戸はリズムを崩し、前半終了間際にポドルスキがラフプレーで退場した。

 選手が1人多い後半は、余裕を持ってパスを回した。同5分、ゴール前で都倉が福森のパスを押し込んで追加点。同34分に失点したが、その4分後に福森が相手の意表を突く素早いFKで3点目を奪った。

 イニエスタは同10分に交代で退いた。マークした宮沢は「足元のいいところにボールを置いて常に顔を上げ、いつでもパスが出せる体勢でいる。飛び込むとかわされるので、いい距離を保ちながら、パスを出させないようにした」と話す。

 ペトロビッチ監督は「ビッグネームが2、3人いれば勝てるという訳ではない。個でやられても組織で守れるように準備してきた。すばらしい試合だった」と選手をたたえた。

 (岡田和彦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ