メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

思いを胸に走り出す 亡き友の愛馬駆ける

写真:必死に障害を乗り越えるスバル=北斗市 拡大必死に障害を乗り越えるスバル=北斗市

 ■ばん馬競技大会/北斗

 重りを積んだそりを馬が引いて速さを競う「ばん馬競技大会」が7日、北斗市であった。地震で亡くなった厚真町の中田一生(かずのり)さんの愛馬「スバル」も出走。人馬一体となって2着に入る力走を見せた。

 全道と青森からポニーや農耕馬70頭が出場し、19レースが行われた。200メートルのコースには、高さ1〜2メートルの障害が2カ所ある。中には総重量が1トン超のそりも。一気に障害を駆け抜ける馬もいれば、何度も踏ん張ってやっと乗り越える馬もいて、観客をわかせた。

 地震後、中田さんからスバルを引き取り調教してきた函館市の松倉誠一さん(66)は「何度も優勝してきた馬なのに、(2着では中田さんに)叱られる」と笑いつつ、「無事に走れて中田さんも喜んでいると思う」と安堵(あんど)の表情で話した。

 (阿部浩明)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ