メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

レトロ建物グラフィティー【レトロ建物グラフィティー】

auguri(旧小池靴履物店)

写真:イラスト・松本浦 拡大イラスト・松本浦

■重厚な造り 愛着ふつふつ

 イタリア料理店「auguri(アグーリ)」は、地下鉄東西線円山公園駅から徒歩約3分、青果店や美容室などが並ぶ商店街の一角にある。建物正面の看板には「特選麦酒」、入り口上の壁面にはクラシックな「小池靴履物店」の文字が躍る。木造モルタル2階建て(1948年頃築)の1階が店舗だ。

 以前は、靴店だった建物を大幅リニューアルした同名のビアバーだった。「店主はかなりお金をかけてリフォームしたそうで、その立派な造りを生かしています」と昨年8月から現在の店を営む小林悠気さん(36)は話す。

 天井扇が回り、電信柱を活用した大黒柱やソケットに裸電球という照明が、レトロな雰囲気を醸し出す。さらに三馬ゴム(現ミツウマ)や福助のホーロー看板など眺めるだけで楽しく、何度訪れても飽きない。外国のバーを思わせる重厚なカウンター6席に高さのあるテーブル席が二つ、低めのテーブル席もあり使い勝手も良い。

 小林さんは大学卒業後、兵庫のイタリア料理店や本場イタリアで修業後、27歳で独立。札幌へUターン後、手がけた店はここで3軒目という。メニューはアラカルトが基本で、シェフのおまかせフリット1100円が人気。季節の魚や旬の野菜を揚げたもので、生ビール(600円〜各種)によく合う。グラスワインは650円から。

 外観はもとより、店舗の造作に対するこだわりから、昭和の建物への愛着がふつふつと伝わってくる。

 ◇札幌市中央区北1条西24丁目 電話011・839・4845

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ