メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

道内スポーツ【全国高校ラグビー大会】

札幌山の手、2回戦で涙

写真:後半4分、札幌山の手のタモエフォラウがトライを決める=東大阪市花園ラグビー場 拡大後半4分、札幌山の手のタモエフォラウがトライを決める=東大阪市花園ラグビー場

 第98回全国高校ラグビー大会(大阪・東大阪市花園ラグビー場)は30日に2回戦があり、南北海道代表の札幌山の手は中部大春日丘(愛知)に17―48で敗れた。シード校を相手に果敢に攻めたが、相手のFW陣を止められなかった。

 札幌山の手は前半15分、左中間のゴール直前ラックから、高橋諒選手(2年)がキックパスを受け、敵陣の隙を突いて右隅へトライ。前半22分には佐々木浩祐選手(2年)も続いた。

 後半4分には1回戦でも活躍した身長186センチ、体重123キロの大型FWベア・タモエフォラウ選手(2年)がゴール直前から突進してトライを決め、会場を沸かせた。

 しかし、その後は相手FW陣に持ち味のスピードで守備の隙を突かれ、4トライを続けて奪われた。FWシンクル寛造選手(3年)は「自分たちのミスから、自陣でのプレーが多かった。気持ちでも負けてしまった」と振り返った。

 (平賀拓史)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ