メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

日光アイスバックスに道産子2選手が入団

写真:入団が決まった出口圭太(左)、渡辺亮秀(中央)、相馬秀斗の3選手=栃木県庁 拡大入団が決まった出口圭太(左)、渡辺亮秀(中央)、相馬秀斗の3選手=栃木県庁

 アイスホッケー・アジアリーグの栃木日光アイスバックスに、大学在籍中の新人選手3人が入団した。明治大の相馬秀斗(しゅうと)選手(22)=札幌市出身=と、東洋大の渡辺亮秀(あきひで)選手(21)、出口圭太選手(22)=苫小牧市出身=だ。プレーオフ進出に向けた即戦力として期待がかかる。

 3選手は7日午後に栃木県庁で、記者会見に臨んだ。いずれも大学在籍中だが、インカレなど大学での活動が全て終わったため入団契約を済ませたという。

 DFで背番号8と決まった相馬選手は北海道の駒大苫小牧高から明治大へ進んだ。ユーロアイスホッケーチャレンジ2018で日本代表を経験。「特技はパス回し。プレーオフ進出に向けてがんばります」と話した。

 同じくDFで背番号51の渡辺選手は栃木県日光市出身。日光明峰高から東洋大に進んだ。

 FWで背番号92となった出口選手は駒大苫小牧高から東洋大へ進んだ。ユニバーシアード大会で日本代表の経験がある。出口選手は「いったん氷上に上がれば先輩、後輩は関係ない。ルーキーらしくがむしゃらにプレーしたい」と抱負を述べた。

 (梶山天)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ