メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来へのものさし #SDGs【未来へのものさし #SDGs北海道】

「SDGsは心の栄養剤」

写真: 拡大

写真:大学生にSDGs推進活動について説明する須藤あまねさん=東京都渋谷区 拡大大学生にSDGs推進活動について説明する須藤あまねさん=東京都渋谷区

 ■札幌の高3、東京の学生に活動発表

 地球規模の課題解決のために国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)について、札幌で推進活動を続けている高校生が東京の大学生に取り組みを発表した。自らの体験をもとに「わかりやすく、身近に、楽しくSDGsを伝えることが大切」と訴えた。

 発表したのは、札幌聖心女子学院高3年の須藤あまねさん。学内外でSDGsの啓発イベントに10回ほど関わり、幅広い層にその重要性をアピールしてきた。

 今回は、SDGs推進運動をしている早稲田大と聖心女子大の学生グループから札幌市に講演依頼があり、須藤さんが同市職員らと取り組みを発表することになった。

 発表は、東京都渋谷区の聖心女子大で29日にあり、須藤さんは約30人の大学生を前に、国連本部(ニューヨーク)での研修やタイでの体験学習を通して、「共生社会」の実現のためにSDGsの重要性を認識したと説明。「みんなの目標でもあるSDGsは、私にとっては心の栄養剤です」と語りかけた。

 30日には、横浜市で開かれた「SDGs全国フォーラム」にも参加。官民が協力して社会的課題に取り組むことなどを盛り込んだ「SDGs日本モデル」宣言が採択される様子を目に焼き付けた。採択後、須藤さんは「日本のいろんな地方の人と一緒に活動していけると思うと感激。これからも明るく活動していきたい」と話した。

 (今泉奏)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ