メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

ロコ・ソラーレ、黒星発進

写真:試合の途中、話をする藤沢(中央)らロコ・ソラーレの選手たち=札幌市豊平区 拡大試合の途中、話をする藤沢(中央)らロコ・ソラーレの選手たち=札幌市豊平区

 ■カーリング日本選手権

 第36回全農日本カーリング選手権大会が12日、札幌市豊平区の「どうぎんカーリングスタジアム」で開幕、男女それぞれ9チームの熱戦が始まった。女子1次リーグの初戦では、昨年の平昌五輪で銅メダルを獲得した「ロコ・ソラーレ」(北見市)が中部電力に延長の末、5―6で破れ、黒星スタートとなった。

 ロコ・ソラーレは昨年12月のW杯第2戦で初優勝するなど、今季も国際大会で躍進。開幕前日の合同会見でもスキップの藤沢五月選手は「今シーズン、バージョンアップした私たちを見せられるよう、チーム一丸となって戦いたい」と話していた。だが、平昌五輪の代表権を争った中部電力相手に序盤からショットに精度を欠き、押し切られた。

 一方、五輪出場3回の小笠原歩選手が退団し、新体制で臨む地元・札幌市の北海道銀行は初戦、チーム京都に12―2で圧勝した。スキップの吉村紗也香選手は「新しいメンバーでチームコミュニケーションに力を入れてきた。丁寧に戦い抜きたい」と力を込めていた。

 決勝は男女とも最終日の17日。

 (秋野禎木)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ