メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜「聞く・語る」【北の文化】

小さな本屋さん始めます:上 加納あすか

写真: 拡大

写真:18日にオープンする「かの書房」=札幌市豊平区 拡大18日にオープンする「かの書房」=札幌市豊平区

●加納あすか かの書房代表&店員

■充実の日々・・・突然の閉店

 読書離れ、出版不況、相次ぐ閉店。そんな暗い話題の多い書店業界ですが、3月18日に新刊個人書店「かの書房」がオープンします。札幌で久しぶりの新刊書店、ひとりで切り盛りする「ひとり本屋」です。25人の「かの書房推しの作家」をはじめ、道内在住・出身の作家さんを応援することを軸に、新しい作品を探したいときにふらりと立ち寄れる、そんな本屋さんになればいいな、と考えて開業を決めました。

 でも、小さいころから本屋さんになりたかったわけではありません。私は道東の上士幌町で生まれ育ちました。今は書店のない自治体のひとつですが、小学生までは「街の本屋さん」がありました。人とすれ違うのがやっとの20坪くらいの狭い店内で、店主のおばあちゃんが座るレジ付近にその日入荷したのだろう雑誌が積んであったのが記憶に残っています。その店が閉店してからは、両親に頼んで片道40分の音更町にある書店へ毎週、車を出してもらうことが高校生まで続きました。

 大学進学で札幌へきました。大学図書館の書架整理の短期アルバイトをし、何かと理由をつけては書店に行き本を買いあさっていたのを覚えています。しかし、読書はあくまでも趣味。「書店員になろう」と考えることはありませんでした。

  ◇ ◆ ◇

 就職活動を始めるころ、段ボールに詰めて実家の物置においてある蔵書を部屋全体に並べて、カフェみたいなことをしたいな、とぼんやり考えるようになっていました。私は基本的に料理が得意ではないので、料理好きの姉と母にキッチンをお願いして、私は本の管理をして……と構想は広がりました。そして卒業式に来る母にカフェの話を打診してみようとドキドキしていました。

 2011年3月11日。卒業式を4日後に控えたその日、姉の住む宮城県をはじめ東北を震災が襲いました。札幌入りした母が「姉と連絡がつかないから父と仙台に行く」と息巻くのをなだめるうちに卒業式を迎え、結局カフェの話を持ち出すことができずに大学生は終わってしまったのです。幸いにも姉は無事でした。

 かくして私はフリーターになりました。販売、事務員などを転々とし、次第に本屋に行く足も遠ざかるようになった2年と少しが経ったころ、ひょんなことから札幌市内の中規模書店の求人を目にしたのです。そういえば本好きだったな、と思い出し、何げなく応募したところ見事に採用され、晴れて書店員としてデビュー。15年のことでした。

  ◇ ◆ ◇

 書店員の仕事はやることが多く、たくさんの情報が集まります。毎日入荷する商品を箱から出す作業だけで雑誌の見出しを目にし、「こんなニュースもあるのか」と無意識に情報を入手しています。「知りたい情報を知りたいだけ」求めるインターネットとは違います。目に入る情報が積み重なっていくと、元来の本好きの血が騒ぎ、仕事を「楽しい」と感じるようになっていきました。

 レジ、品出し、発注、フェア棚作りなど、業務は盛りだくさんで、真冬でも汗をかきながら仕事をしていました。紙で指を切ったり段ボールにぶつけて青あざを作ったり生傷は絶えませんでしたが、ちっとも苦ではありません。あれもやりたい、これもやりたい、とアイデアが湧き上がる毎日。好きな作家さん、面白かった作品をどう仕掛けようか……そう考えていた矢先、上司から「閉店する」と聞かされたのです。

    ◇

 かのう・あすか かの書房代表&店員 1988年、上士幌町生まれ。中学校で文芸部を創立、高校では熱気球操縦士免許を取得。「しない後悔よりする後悔」が信条。「かの書房」は札幌市豊平区美園3条8丁目。営業時間は午前10時〜午後9時。不定休。問い合わせは(011・376・1856)へ。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】独・バイエルン州の国立公園

    魅せられて 必見のヨーロッパ

  • 写真

    【&M】プロレスブームなぜ再燃?

    「復権」までの10年を振り返る

  • 写真

    【&w】“光と食”のナイトイベント

    京都国立博物館で開催〈PR〉

  • 写真

    好書好日「電車らしい音」を絵本に

    エッセイスト三宮麻由子さん

  • 写真

    論座治療用アプリ、保険適用へ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンあのブランドが復活!

    春の装いにピッタリの一着

  • 写真

    T JAPAN温泉宿から雪国文化を発信

    伝統料理のワークショップも!

  • 写真

    GLOBE+謝罪会見でスッキリ、なぜ?

    カギを握るシャーデンフロイデ

  • 写真

    sippo廃車に閉じ込められた猫

    窓の水滴のみで1カ月生存

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ