メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

パラ選手 世界へはばたけ

写真:記者会見で意気込みを語る斉藤雄大さん=札幌市中央区 拡大記者会見で意気込みを語る斉藤雄大さん=札幌市中央区

■クラブ設立 来月から受講生募集

 パラ競技の普及と選手の育成を目指すスポーツクラブ「HOKKAIDO ADAPTIVE SPORTS」が4月、選手や受講生の募集を始める。複数の競技のチームをつくり、スポーツ教室を開校するなど、日本最大規模の組織づくりを目指す。

■複数の競技チームめざす

 今月8日、クラブ代表の斉藤雄大さん(30)が札幌市内で記者会見した。当面は子どもたちへの競技普及、育成に重点を置くが、世界レベルのクラブチームづくりも視野に入れる。少ない競技人口を補うため、1人で複数の競技に取り組めるよう環境も整備する。

 斉藤さんは小学4年で野球を始め、大学までプレー。スポーツを専攻した学生時代にパラ競技の研究を始めた。2017年には車いす競技が盛んな米国に渡り、1年間、本場のパラ競技を学んだ。昨年8月に帰国し、専門学校の教員としてスポーツトレーナーを目指す学生を指導しながら、クラブ設立の準備をしてきた。

 クラブは5月に開かれるカーリングの大会をはじめ、テニスやバスケットの大会への参加も目指す。当面は札幌近郊に練習場所を確保する予定だ。斉藤さんは「まずはスポーツをしたい人たちが集まれる仕組みをつくりたい」と話す。

 問い合わせはメール(hokkaido.adaptive.sports@gmail.com)または斉藤さん(090・1524・5352)へ。

 (今泉奏)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ