メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

道内スポーツ【スポーツ・ニュース】

クレインズ存続へ事業説明会

写真:事業説明会にはクレインズの上野拓紀選手(中央)ら選手5人が出席し、支援を求めた。右端は茅森健一氏=釧路市 拡大事業説明会にはクレインズの上野拓紀選手(中央)ら選手5人が出席し、支援を求めた。右端は茅森健一氏=釧路市

 ■新チーム設立、資金集め難航/アイスホッケー

 アイスホッケーチーム「日本製紙クレインズ」(釧路市)の廃部を受け、新チーム設立を目指す東北海道アイスホッケークラブ合同会社が14日、同市で事業説明会を開いた。アジアリーグ参加には20日までに1億5千万円が必要だと説明し、支援を呼びかけた。代表社員の茅森健一氏は説明会後、「資金はまだ半分まで集まっていない」と危機感を募らせた。

 同社は企業や団体、個人に出資を求め、クラブ型の新生クレインズを立ち上げようとしている。説明会には市民ら約60人と企業17社が参加。茅森氏は、試合会場内のフラッグやユニホーム、ヘルメットに貼るステッカーに社名を入れる協賛や、選手を雇用することで支援するよう求めた。

 説明会には上野拓紀選手らも同席。「チームが立ち上がれば市民一人ひとりがオーナー。どうか僕たちにアイスホッケーを続けさせてください」と訴えた。アジアリーグの登録期限は今月末。茅森氏は説明会後、記者団に「20日までにめどがついた資金の状況を日本製紙に報告し、支援を取り付けたい」と話した。

 問い合わせは茅森氏(050・5360・5206、メールken@cranes.team)へ。

 (宮永敏明)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ