メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

VAMOS!コンサドーレ札幌【コンサドーレ】

リーグ4位効果、赤字圧縮

写真: 拡大

 ■売上高11.7%増/19年1月期

 サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌を運営する株式会社「コンサドーレ」の株主総会が18日、札幌市であり、2019年1月期決算が承認された。売上高は29億8875万円で前期比11・7%増だったが、チーム強化費が増えたことなどから、当期純損失は1億6500万円となった。

 「J1定着」を目指して強化費を増やし、当期純損失を2億4370万円と見込んでいたが、チーム過去最高のリーグ4位となって広告料収入が増えたため、赤字が圧縮されたという。

 興行収入は6億3550万円(同2・1%増)。札幌ドームの芝の張り替えで札幌厚別公園競技場の開催が増えたため、動員目標を下回った。広告収入は13億3614万円(同22・1%増)。Jリーグ配分金は均等配分額が減り3億9229万円(同19・7%減)となったが、来期分に強化理念配分金が計上される見通し。移籍金収入など、4億3533万円(同51・4%増)の売り上げもあった。

 野々村芳和社長は「トップ5に定着するため、チームを強くしながら売り上げを増やす努力をしている。投資の3年間と位置付け、チャレンジと冒険をさせてほしい」と了承を求めた。

 (岡田和彦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ