メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

土土カフェ

写真:店主の飛鳥友宏さんと妻の遼子さん 拡大店主の飛鳥友宏さんと妻の遼子さん

■素朴な器に有機コーヒー

 13年前にオープンした“GALLARY土土”に併設の「土土カフェ」は、市電西線16条の停留場から徒歩3分の閑静な住宅街にある。

 店主の飛鳥友宏さん(38)と妻の遼子さん(37)が、東京の飲食店を経て2017年春に開店。「生まれた子供を育てる環境として、実家のある札幌が望ましいと転居しました」と遼子さんは話す。

 建物は、母親が経営するギャラリーだった。ドリンクも提供していたが、本格的なカフェに一新、カウンター5席に2人掛けボックス四つを用意する。吹き抜けの天井が開放的なギャラリーと庭が見渡せるカフェから席が選べ、定番はオーガニックコーヒー「土土ブレンド」450円。

 実兄が主宰する「どっこい窯」の素朴な器で出され、苦みと酸味のバランスが実に良い。少し濃いめなので、私は半分をそのまま飲み、残りをミルク&砂糖入りにして2度楽しむ。豆は、札幌西区の有機コーヒー専門店「珈和堂(こうわどう)」のオリジナルブレンドを使う。

 友宏さんが作るカタラーナやシフォンケーキなどのスイーツも人気で、その日のおすすめ4種の「デザート盛り合わせプレート」800円もある。夜は手打ちパスタを中心に、イタリア料理が各種そろう。

 店舗は通りから奥まって建つが、日当たりが良く、店内にも日差しがあふれる。家に帰った気分でくつろげるので、ゆったりとティータイムを過ごせるだろう。

 ◇札幌市中央区南15条西15丁目、電話011・563・0212

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ