メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

喜茶ゆうご

写真:店主の吉守雄五さん・真理子さん夫妻 拡大店主の吉守雄五さん・真理子さん夫妻

■古民家 木の温もりと美しい庭

 宮の沢の住宅街にある「喜茶(きっさ)ゆうご」は、道産スギを使う下見板張りの外壁が美しい古民家カフェ。わかりにくい場所を探り当て、たどり着くと、まず素朴な裸電球の灯(とも)る薪小屋が目に入り、その横に立つ店舗にも温(ぬく)もりある看板に裸電球が灯り、客を優しく迎えてくれる。

 店内は庭が眺められ、季節には濃いピンクの八重桜や黄色のツツジなどが百花繚乱(りょうらん)と咲き誇る。店主の吉守雄五さん(44)・真理子さん(36)夫妻は、祖父母が住んでいた家を改築して、2011年にオープン。「祖父母が愛した庭を大切に生かし、どの席からも眺められるように設計しました」と雄五さん。

 木の温もりに満ちた店内には、テーブル席が7つ。水回りのある6席のカウンター正面にも細長く窓が設けられ、2席しかない入口すぐの小さなカウンター席も庭を眺めるには特等席だ。

 また、壁には身体に優しい天然素材の珪藻(けいそう)土、天井や床には道産エゾマツなどを使う。そのせいか店全体に優しい空気が流れ、心が和む。

 ブレンドコーヒーは、浅め、中深、深めの3タイプから選べて、各500円。豆は中央区宮の森にある珈琲(コーヒー)堂の自家焙煎(ばいせん)を使う。

 フードメニューも充実し、きのこと興部ベーコンのクリームスパゲティ1080円やえびドリア980円などが人気。手づくりケーキやパフェ類も揃(そろ)い、地域で愛され続ける、文字通りの隠れ家カフェである。

 ◇札幌市西区宮の沢3条4丁目 電話011・555・5870

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ