メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

Archi J cafe

写真:Archi J cafe 拡大Archi J cafe

■建築家のセンス光る空間

 マンション1階にある「Archi J cafe(アーキジェイカフェ)」の入口に「建築喫茶」というレトロな看板を見た時は、その大胆さに驚かされた。これまで数多くの喫茶店を取材してきたが、“建築”と銘打つ店は初めて。

 その驚きは店内に入っても続く。上段の棚には住宅のミニチュア模型が整然と並び、その下には建築関係の洋書や雑誌がずらり。出入り口や書棚の合間から見本のドアノブが顔を出し、さらに約4メートルもある長テーブルや真ん中に穴の開く丸テーブル、おシャレな椅子など実に個性的だ。

 店主の金田さなえさんによると、「もとは主人(金田博道)の設計事務所でしたが2階へ移転。年々増える模型や建築雑誌の置き場を作り、一般の方にお見せしたいとカフェにしました」。趣ある古レンガ造りの壁はトイレを設ける際に生まれた。つい長居したくなる空間だが、欠点はオープンが火・水・金・土の4日間で、時間も午前11時30分〜午後4時と短いこと。でも、メニューに抜かりはない。美鈴の豆を使うコーヒーは、すっきりさわやかな「AJブレンド」450円、ほどよい苦みが魅力の「コク深入り」560円。「自家製NYチーズケーキ」500円も好評で、昼は「土鍋チキンカレー」(玄米ご飯付き)980円の人気が高い。

 この7月に開店4年目を迎えるが、明るくおっとりとしたさなえさんの性格もあってか、常連客が多いこの店。遊び心の詰まった空間で、建築家のセンスが光る。

◇札幌市東区北7条東6丁目、CITY76―2 1階 電話070・6605・1177

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ