メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

CAFE early

写真:CAFE early 拡大CAFE early

■ブレンドも店内も「雑味」なし

 午前0時まで営業する「CAFE early」は、裏参道沿いのビル1階にある。シックな色でまとめられた店内は、いい感じにすり切れたカウンターがまず目に入り、壁に貼られた大小の茶系のコンパネが面白い。余計なものがほとんどないストイックな店内で、唯一存在感を放つのが、壁に飾られた1枚の洋画ポスター。それが、ジム・ジャームッシュ監督のモノクロ映画「ストレンジャー・ザン・パラダイス」(84年)であることが、懐かしさを誘う。

 店主の小林久さん(47)は、札幌生まれ。高校中退後、とある喫茶店で、ネルドリップで淹れるコーヒーに魅了される。バイト生活を経て、たまたま募集中の宮越屋珈琲の求人に応募。最初に働いたのが名店「ホールステアーズカフェ」だった。

 余りの忙しさに弱音を吐くと、当時の店長に「何も考えず1週間だけやってみなさい、といわれました。余程テンパっていたんですね」と小林さんは振り返る。以来、9年にわたって各店で修業を重ね、14年前に独立してこの店を開いた。

 そんな熟練の腕前が生むコーヒーは、ブレンドが「ナチュラル」「ビター」各550円の2種あり、ストレート7種600円〜。初めて味わうなら、小林さんがネルドリップで丁寧におとすナチュラルを勧めたい。雑味の無いまろやかな口当たりからにじみ出る甘みが、旨さを堪能させてくれる。日に3杯も飲みに通う常連客が居るのも、納得できるはずだ。

◇札幌市中央区南2条西24丁目、裏参道24ビル1階 電話011・641・5037

 (和田由美)

PR情報