メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

カフェエスキス

写真:カフェエスキスの店内 拡大カフェエスキスの店内

■まるで芸術家たちのサロン

 入って右側のテーブル席は、海の底を思わせるブルーの壁に、地元作家を中心としたアート作品が飾られるギャラリースペース。また、左側にあるカウンター席との間を仕切る棚には、オールドファッション柄が美しい日本製のカップ&ソーサーがずらりと並ぶ。まさしくギャラリーカフェの名にふさわしい空間で、店名の「エスキス」は、フランス語で「下絵」を意味するという。

 店主の中川洋史さん(43)が、同じデザイン学校で学んだ妻の美奈さん(43)とこの店を開いたのは2002年のこと。洋史さんは「ここで個展を開いたアーティストは地元はもとより国内外にも数多くいます」と話す。その案内のために美奈さんがデザインしたポストカードは、分厚いファイル7冊に及ぶ。

 コーヒーはインフィニ珈琲の豆を使い、ネルドリップでじっくりと淹(い)れてくれる。ブレンド(フレンチ)550円をはじめ、ストレートやアルコール入りなど種類は豊富だ。

 ほかにも人気は、3年前に登場したダッチ珈琲600円。熟成させたオールドビーンズを半日かけて一滴ずつ落とす水出しコーヒーで、芳醇(ほうじゅん)な香りとコクを楽しめる。

 カウンター席には、近隣に住む人たちをはじめ、画家や彫刻家、映画監督なども入れ代わり立ち代わり訪れ、コーヒーを楽しみながら中川夫妻と談笑する。その様子はまるでサロンのように和やかで、円山エリアでいかに愛されているかがわかる。

◇札幌市中央区北1条西23丁目、メゾンドブーケ円山1階、電話011・615・2334

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ