メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

俊カフェ

写真:俊カフェ 拡大俊カフェ

■素朴な店内 谷川ワールド

 南3条通り沿いの木造2階建て「KAKU IMAGINATION」は大正期の建築といわれ、かつて鶴岡学園の施設だった。その擦り減った木造階段を上がった2階に、詩人・谷川俊太郎さんの私設記念館ともいえる「俊カフェ」はある。

 幼い頃から谷川さんの絵本「ことばあそびうた」に親しんだ店主の古川奈央さん(50)は雑誌記者だった1990年代末、取材で息子の賢作さん率いる現代詩を歌うグループ「DiVa」と知り合う。詩を音楽で味わう歓びを教わり、2012年には母校である札幌開成高校の50周年式典でご本人と初めて出会った。校歌の作詞を谷川さんが手掛けた縁だが、15年には本やグッズなどを一堂に集めた企画展を開催し、その2年後にこのカフェをオープン。

 素朴な店内には、日常の憂鬱(ゆううつ)を忘れさせる優しい空気感が漂い、何時間でも過ごせそう。書き下ろしの詩「俊カフェ案内」をはじめ、詩集やエッセイ、絵本など約450冊の蔵書のせいもあるが、それは間違いなく古川さんの温かい人柄に依る。

 ブレンドコーヒー(クッキー付き)810円、自家製生姜(しょうが)ジャム入り「ジンジャーホットオレンジ」810円。カウンターとテーブル席を合わせて15席だが、各種イベントやライブも開催。かつてこのフロアは鈴井貴之さんが主宰する地元劇団の練習場にも使われた。そのDNA、今も受け継がれているようだ。

◇札幌市中央区南3条西7丁目、KAKU IMAGINATION2階 電話011・211・0204

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】「ニューノーマル」の学び

    人気YouTuber・葉一さん

  • 写真

    【&TRAVEL】たった一言が添えた温もり

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&TRAVEL】未完の有名建築を堪能

    ちょっと冒険ひとり旅

  • 写真

    【&M】ストーブ列車に乗って

    青森・津軽の旅写真

  • 写真

    【&w】古書店主の父の足跡を追って

    book cafe

  • 写真

    好書好日魚の骨に身をつけるように

    かまいたち山内、初エッセー集

  • 写真

    論座東京五輪の開催が危うい理由

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太と共に育ちゆくモノ

    バッグと革小物。

  • 写真

    Aging Gracefully肩書きを常に更新!

    稲垣吾郎×クリス-ウェブ佳子

  • 写真

    GLOBE+両親を奪った大地震、作品に

    一歩前に進めた、私のきっかけ

  • 写真

    sippo許容量上まわる愛猫の食欲

    その代償は大きかった…

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ