メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

VAMOS!コンサドーレ札幌【2019年公式戦】

●仙台に1―3(第26節)

写真: 拡大

写真:J1初ゴールを喜ぶ荒野=札幌厚別公園競技場 拡大J1初ゴールを喜ぶ荒野=札幌厚別公園競技場

 ■ 弱点突かれる MF荒野、J1初得点

 北海道コンサドーレ札幌は第26節の14日、ベガルタ仙台とホームの札幌厚別公園競技場で対戦し、1―3で敗れた。通算成績は11勝9敗6分け。

 前半に先制された札幌は後半早々、MF荒野のJ1初ゴールで同点に追いついたが、セットプレーで失点を重ね、突き放された。前節後、ルヴァン杯準々決勝2試合を広島と戦い、勝ち抜いて臨んだ札幌と、試合がない間に十分に札幌対策をしてきた仙台の差が出た試合だった。

 ペトロビッチ監督は「運動量、球際とも相手が上回った。相手はフレッシュで出足もよかった」と悔しそうだった。一方、仙台の渡辺監督は「狙い通りに2シャドー(鈴木、チャナティップ)のパスを遮断し、シュートまで持って行けないようにできた。セットプレーからの得点も相手の弱点を突けた」と話した。

 宮沢主将は「上位に来れば、カップ戦もリーグ戦も並行して戦わなければならない。苦しくても、ここを乗り越えていかないといけない」と話した。荒野はJ1初得点が勝利につながらなかったが、「これからも前に出てどんどんゴールを狙います」と意欲を示した。

 (岡田和彦)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ