メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

クラクションコーヒーロースターズ

写真:クラクションコーヒーロースターズ 拡大クラクションコーヒーロースターズ

■丁寧に淹れる姿を眺めながら

 地下鉄東豊線福住駅から徒歩3分の住宅街にひっそりと佇(たたず)む「クラクションコーヒーロースターズ」は、2017年暮れに開店したばかり。

 札幌生まれの店主・中谷陽(あきら)さん(33)は、北見工業大学を卒業後、東京で建築関係の仕事に就く。その頃に通った喫茶店で飲んだ一杯のエスプレッソからコーヒーの虜(とりこ)となり、退職して都内の自家焙煎(ばいせん)店で修業を重ね、札幌へUターンした。

 かつて美容室だった店舗を上手にリフォームした店内は、シックな茶系でまとめられていて居心地が良い。コーヒーは、ハンドドリップもしくはエアロプレスから選べ、中谷さんが丁寧に淹(い)れる姿がどこからでも眺められるので、コーヒーが供されるまでの時間を楽しめるはずだ。

 コーヒーには、すべてスペシャルティーコーヒーの豆を使用。華やかなオリエンタルブレンドと穏やかなダークブレンドに大きく分かれ、エチオピアやマンデリンなどストレートも各種そろう。値段は均一でホット500円、アイス600円。

 ユニークなのは「きんつば」「豆大福」各230円などスイーツに和菓子を用意すること。「少し苦みのあるコロンビアと甘みのある和菓子が意外に合うんですよ」

 BGMにジャズが低く流れる店内には心地よい緊張感が漂い、オープンから未(いま)だ2年余りとは思えない風格を感じさせる。後味の良いコーヒーの旨(うま)さも特筆もので、店主の研鑽(けんさん)ぶりがうかがえ、隠れた名店と呼びたい。

◇札幌市豊平区福住1条1丁目、電話011・598・8243、水曜定休。

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ