メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろカフェグラフィティー【さっぽろカフェグラフィティー】

岩本珈琲

写真:岩本珈琲の店内 拡大岩本珈琲の店内

■演奏会や寄席・・・地域に開放

 重厚なレンガ壁が目を引く「岩本珈琲」は、知る人ぞ知る自家焙煎(ばいせん)のコーヒー専門店だ。店主の岩本豊さん(59)は、札幌における自家焙煎のパイオニア・滝沢信夫さんが創業した名店「可否茶館倶楽部」を皮切りに、同チェーンで10年近く修業。1994年に現在地で独立し、今年の6月で25周年を迎えている。

 昔ながらの自家焙煎店といえば、豆を挽(ひ)く音や低く流れるBGM以外、無駄話も聞こえない店が多い。しかしここは、3年ほど前から店内をライブ会場として開放し、生演奏や寄席、絵本の読み聞かせ会などを開催。地域コミュニティーの場として賑(にぎ)わいを見せる。

 とはいえ、コーヒーの旨(うま)さは変わらない。マイルドをはじめ、3タイプから選ぶ「ブレンド珈琲」550円。店主の人柄そのままの優しい味わいで、飲み進むほどにウマサが増す。見逃がせないのは「名もない珈琲」600円。「その日の気分や体調などに合わせてブレンドする1日限りのコーヒーです」と岩本さん。

 店に集まるミュージシャンの曲をイメージした「スペシャルブレンド」600円も各種ある。中でも人気は、シンガー・ソングライター五十嵐浩晃さん命名の「PEGASASSO(ペガサッソ)」。往年のヒット曲「ペガサスの朝」から着想し、この店ならではの一杯だ。

 営業時間は正午〜午後9時(金・土は午前2時まで)。年末年始も営業し、30日は午後5時半まで、31日は午後7時まで、元日は午後2時〜9時。2日は通常営業する。

◇札幌市白石区栄通18丁目、アン・ロワイヤル1階 電話011・836・2017、不定休。

 (和田由美)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

北海道報道センターから

北海道アサヒ・コムへようこそ。
身のまわりの出来事やニュース、情報などをメールでお寄せ下さい(添付ファイルはご遠慮下さい)
メールはこちらから

朝日新聞 北海道報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】さっぱり味のしょうが焼き

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    【&TRAVEL】南紀白浜の伊勢エビに感激

    はなのたびたび旅日記

  • 写真

    【&M】「儲かる」は重要ではない

    加速する“閉じる仕事”

  • 写真

    【&w】ビジネスシステムの限界?

    ピエール・カルダン死去の意味

  • 写真

    好書好日女の子はなんでもできる!

    冨永愛さん、絵本初翻訳

  • 写真

    論座コロナ罰則で感染者は増える

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太と共に育ちゆくモノ

    バッグと革小物。

  • 写真

    Aging Gracefully俳優・吉田羊インタビュー

    公私ともに挑戦の日々がつづく

  • 写真

    GLOBE+返済免除の公約実行できるか

    ローンに苦しむ学生の主張

  • 写真

    sippo奄美の猫救う譲渡型猫カフェ

    人のため動物が処分されぬよう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ