メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

茨城

ピックアップ

茨城の情報

特集

18からの一票
参院選から投票権を得る若者はどんな思いで一票を投じるのでしょうか
花のある暮らし
水戸市植物公園長・西川綾子さんによる人気コラム
クローズアップ茨城
気がかりなこと、気になる話題を掘り下げます

茨城のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

筑波山ロープウェイ スターダストクルージング 夜の空中散歩 [観察・ウォッチング][体験・遊覧][イルミネーション・ライトアップ]

筑波山ロープウェイ スターダストクルージング 夜の空中散歩

  • 2017年09月16日(土) ~ 2018年02月25日(日)
  • 常磐自動車道土浦北ICより20kmつくばエクスプレスつくば駅より直行筑波山シャトルバスで約50分
  • 関東の霊峰、日本百名山の一つに数えられている筑波山の山頂からは、ふもとのつくば市、土浦市はもとより、遠く関東平野の夜景を一望することができ、東京都心の夜景や東京タワー、東京スカイツリーも見ることができる。地上にきらめくスターダストと天空にきらめく星空を満喫できる筑波山で、素敵な一時を過ごしてみては?
第70回企画展「サメ展-ミュージアムパーク・コレクション-」 [展示会・展示イベント][展覧会]

第70回企画展「サメ展-ミュージアムパーク・コレクション-」

  • 2017年10月07日(土) ~ 2018年01月28日(日)
  • 常磐自動車道「谷和原」ICから20分東武アーバンパークライン「愛宕」駅よりバスで「自然博物館入り口」下車、徒歩約10分
  • 海洋の生態系の頂点に君臨し圧倒的な存在感を放つ生物「サメ」。サメは人を襲う獰猛な魚というイメージがある。しかし、実際の生物としてのサメの生態は、それとは大きく異なる。これほどの数の標本を一堂に揃えて展示する機会はなかなかない。多様性にあふれるサメのすがたをこの機会にじっくりと観察してみよう。
オトナかわいいマルシェ [フリーマーケット・バザー]

オトナかわいいマルシェ

  • 2017年09月24日(日)
  • 羽鳥駅よりタクシー20分
  • 小美玉市四季文化館みの~れで開催の「マタニティコンサート」(入場無料・予約制)は、ピアノとヴァイオリンによる優しい音楽と絵本の読み聞かせでリラックスして楽しめるコンサート。同時開催で「オトナかわいいマルシェ」が行われる。中庭がオシャレなカフェになり、オトナのワークショップとカワイイ雑貨のマルシェが楽しめる。買上げ先着30名にプレゼントが用意されている。
茨城県植物園 四季の植物画展 [展示会・展示イベント][花・植物のイベント]

茨城県植物園 四季の植物画展

  • 2017年09月09日(土) ~ 2017年09月24日(日)
  • 常磐自動車道「那珂」ICより10分JR常磐線「水戸」駅より茨城交通バス「大宮営業所」行乗車、「戸崎十文字」バス停下車、徒歩約20分
  • 「ボタニカルアート」とは、植物の形や色を正確に描き、その美しさを表現した絵画のことで、植物の姿を正しく観察し、特性を理解することは自然環境への関心を高めることにもつながるため、教育の現場でも注目されている。今回の展示会では、茨城県植物園で活動している植物画同好会の講師と受講生の作品約50点が展示される。
パラセーリング体験 [スポーツ]

パラセーリング体験

  • 2017年07月02日(日) ~ 2017年09月24日(日)
  • 常磐自動車道千代田石岡IC より   国道355号線で約20km 35分JR潮来駅からタクシーで30分
  • パラセーリングは、パラシュートをボートなどで引っ張って風を生み出し、その風を利用して上空に上がるウォーターレジャーの一つ。ウォーターレジャーと言っても水に濡れることはなく、水着やウェットスーツに着替える必要がないので、だれでも手軽に大空の旅を楽しむことができる。最大で70メートルの高さまで上がることができるので、霞ヶ浦から行方市を一望できるということで人気のレジャー。
西蓮寺 常行三昧会 [年中行事・歳時記]

西蓮寺 常行三昧会

  • 2017年09月24日(日) ~ 2017年09月30日(土)
  • 土浦北ICより25km石岡駅より関東グリーンバス乗り換え、玉造町駅下車、車で6km
  • 寺伝によれば、この常行三昧会は天台宗独特の法義で、西蓮寺に移されて1000年以上の歴史を持ち、西蓮寺の末寺や門徒寺の僧侶が常行堂に集まり、9月24日から9月30日まで7日7夜、昼夜一刻の休みもなく堂内を回りながら読敬する大法要。初日、中日、末日には、境内で優雅な籠行列(練り行列)が見られ、この法要は「仏立て」ともいわれており、他には例えのない尊い法要。
ウミウ捕獲場一般公開 [講座・講演・シンポジウム][その他のイベント]

ウミウ捕獲場一般公開

  • 2017年07月01日(土) ~ 2017年09月30日(土)
  • 常磐自動車道日立北ICより8分JR常磐線「十王」駅より車で5分
  • 全国唯一のウミウの供給地である日立市十王町のウの捕獲場。鵜飼は、長良川など全国12カ所で行われており、十王町の捕獲場では9県11カ所にウミウを供給している。公開は捕獲に支障のない7月から9月と1月から3月の2回行われており、捕獲するところは観ることができないが、 捕獲者から直接ウミウの生態や捕獲方法について話を聞くことができる。
水戸奏楽堂サロンコンサート「カルテット・プラチナム」 [音楽イベント]

水戸奏楽堂サロンコンサート「カルテット・プラチナム」

  • 2017年09月30日(土)
  • 常磐自動車道水戸ICより約25分JR水戸駅よりバスで約7分
  • 3回目となるカルテット・プラチナムの水戸奏楽堂公演。ハイドンの代表作とも言える「皇帝」で開幕。そしてグラズノフ22歳の時の作品に続き、ラズモフスキー伯爵の依頼を受けたベートーヴェン中期のカルテットの傑作で締めくくる。今秋のカルテット・プラチナムも聴き逃せない! 名手4人による極上のハーモニーをお楽しみに。出演は、沼田園子、野口千代光(ヴァイオリン)大野 かおる(ヴィオラ)菊地 知也(チェロ)
地質標本館2017年夏の特別展「魅惑の鉱物 -北川隆司鉱物コレクションと青柳・今吉鉱物標本-」 [展示会・展示イベント]

地質標本館2017年夏の特別展「魅惑の鉱物 -北川隆司鉱物コレクションと青柳・今吉鉱物標本-」

  • 2017年07月11日(火) ~ 2017年10月01日(日)
  • 常磐高速道「桜土浦」ICから約10分つくはエクスプレス「つくば」駅からバス約15分
  • 故北川隆司広島大学教授(鉱物学)が収集した鉱物コレクションは、日本各地で開かれた巡回展を通して多数の人々を魅了してきた。その巡回展の掉尾を飾る特別展を地質標本館で開催する。前半(7月11日~9月3日)は「鉱物と人間生活」、後半(9月5日~10月1日)は「鉱物の分類学」をテーマとした二部構成。常設展示の青柳鉱物標本、今吉鉱物標本などと併せ、鉱物の持つ魅力、科学的な見方などを紹介する。
秋のちびっこキャンプ [体験・遊覧][健康・福祉・教育]

秋のちびっこキャンプ

  • 2017年09月30日(土) ~ 2017年10月01日(日)
  • 府中駅、新宿駅利用
  • 3歳から6歳の幼児限定のキャンプを開催。幼児期にたくさんの自然や環境にふれあい、やりたいことに挑戦し実現することを大切にして実施される。1日目は沢遊びと夜のお楽しみ、2日目は広場遊びと動物とのふれあいが待っている。大自然の「さしま」で思いっきり自然遊びしよう!

水戸総局から読者のみなさまへ

 水戸総局では、県内の最新のニュース、企画、特集など身近な情報をお届けしようと、努力しております。
 
 また、みなさまからの情報もお待ちしています。事件、事故の写真から身の回りで起きたちょっといい話まで、「mito@asahi.com」宛にお気軽にお寄せ下さい。

朝日新聞 水戸総局 公式ツイッター

注目コンテンツ