メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

岩手

ピックアップ

岩手の情報

特集

移動支局@沿岸
今回の移動支局は沿岸地域の話題を随時掲載します。
木と生きる
人の営みに深く関わってきた木。その木とともに生きる人たちの姿を追った。
2017 衆院選
一瞬懸命 2017
高校野球岩手大会で優勝した盛岡大付の活躍をお伝えします。
2017 夏の高校野球
第99回全国高校野球選手権岩手大会
あした天気に
高橋博之さん、森田珪子さん、菅沼緑さん、阿部陽子さん、創造的な活動を続ける4人によるリレーコラム
不来方TEN
第89回選抜高校野球大会に出場する不来方高校を追います
風化に抗う戦後71年
太平洋戦争開戦の直前から敗戦の1年後まで5年間、満州で生き抜いた三田照子さんに体験を語ってもらった
県立博物館へようこそ
学芸員のリレーコラムで、自然や文化、歴史など岩手の魅力を分かりやすく語ってもらいます
どうぶつ公園さんぽ
盛岡市動物公園で人気の動物たちを、飼育員に聞く隠れたエピソードとともに紹介します
連載3.11その時そして【7】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【6】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【5】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【4】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【3】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【2】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【1】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
吹奏楽・合唱
全日写連だより
毎月の例会での写真を紹介しています
再思三考~むのたけじの遺言
ジャズ喫茶菅原正二さんのコラム
一関のジャズ喫茶「ベイシー」オーナーのコラム「Swiftyの物には限度、風呂には温度」
こころのアンテナ
IAT岩手朝日テレビのアナウンサーやスタッフがお届けします
一日一歩 グルージャ盛岡監督
J2昇格を目指す選手らの奮闘ぶりや、クラブの裏話を菊池監督が語ります。
復興のいま
震災の復興現場が抱えている様々な課題を詳報します

岩手のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

毛越寺二十日夜祭 [お祭り][年中行事・歳時記][伝統芸能・大衆芸能]

毛越寺二十日夜祭

  • 2018年01月20日(土)
  • 平泉前沢ICより10分JR平泉駅より徒歩10分
  • 正月14日から20日まで新春の祈祷である常行堂の摩多羅神(またらじん)祭が執り行われる。特に結願の20日は二十日夜祭と称され、献膳式に引き続き古伝の常行三昧供の修法が行われる。さらに厄年の老若男女がたいまつの明かりを先頭に平泉駅前から毛越寺常行堂まで大根や白菜などの供物をささげ練り歩くお上り行列が行われる。その後堂内では僧侶たちによる「延年の舞」が夜半まで奉演される。
前沢郷土芸能祭 [伝統芸能・大衆芸能]

前沢郷土芸能祭

  • 2018年01月21日(日)
  • 東北自動車道「前沢平泉」ICより約5分東北本線「前沢」駅徒歩5分
  • 毎年恒例の前沢郷土芸能祭! 今年も前沢ふれあいセンターを会場に開催される。神楽や恵比寿舞、太鼓など様々な団体が出演。特別出演として江刺区から原躰剣舞保存会の出演も予定している。伝統芸能を堪能しよう!
小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」 [イルミネーション・ライトアップ]

小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」

  • 2017年11月18日(土) ~ 2018年01月28日(日)
  • 東北自動車道「盛岡」ICより15分JR「小岩井」駅よりタクシーで10分
  • 東北最大級のイルミネーションが小岩井農場で開催。約40mのイルミネーション廻廊「光りのトンネル」、暗闇に浮かびあがる園内のSL「D51」、サイロタワーに光りの滝を表現したイルミネーションサイロや、光りのツリーなど…。輝きが織り成す幻想的な空間を見に行こう。
小岩井農場ムーン&スターライトウォーク [観察・ウォッチング][体験・遊覧][ウォーキング・散策]

小岩井農場ムーン&スターライトウォーク

  • 2018年01月07日(日) ~ 2018年01月28日(日)
  • 東北自動車道盛岡ICより15分JR小岩井駅からタクシーで10分
  • 昼の農場とは違う幻想的な雰囲気。月明かりで輝く雪原を歩くだけでなく、月や星空のお話をフィールドで聞ける機会。夜行性の動物の足跡や声などをガイドと一緒に探すこともできる、内容盛りだくさんのウォーキングだ。
ほっとゆだ2018北日本雪合戦大会 [スポーツ]

ほっとゆだ2018北日本雪合戦大会

  • 2018年01月27日(土) ~ 2018年01月28日(日)
  • ほっとゆだ駅から車で10分
  • 一般の部・ミックスの部・レディースの部とそれぞれ雪上で熱い戦いが繰り広げられる。 ※参加応募は締め切り
復興発掘調査展・公開講座・遺跡報告会 [展示会・展示イベント][講座・講演・シンポジウム]

復興発掘調査展・公開講座・遺跡報告会

  • 2018年01月26日(金) ~ 2018年01月29日(月)
  • 東北自動車道盛岡ICから8分JR・IGR盛岡駅から徒歩4分
  • (公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターは、東日本大震災の発生以来、復興事業に関連する発掘調査を行ってきた。震災から7年を経て、復興発掘調査で明らかになった新しい沿岸の歴史を出土資料の展示とあわせて報告する。
中尊寺大節分会 [お祭り][年中行事・歳時記]

中尊寺大節分会

  • 2018年02月03日(土)
  • 平泉前沢ICから5分JR平泉駅から巡回バス「るんるん」で10分/路線バスで5分
  • 中尊寺の春の風物詩。節分会その年の歳男・歳女と大相撲関取を迎え「鬼は外、福は内」の掛け声と共に豆が撒かれる。今年は八角部屋の北勝富士関を迎える。豆まき後には景品が当たる福引き抽選会もあり。
冬の開運橋ライトアップ [イルミネーション・ライトアップ]

冬の開運橋ライトアップ

  • 2017年12月22日(金) ~ 2018年02月11日(日)
  • 盛岡駅から徒歩3分
  • 盛岡の玄関口である盛岡駅前の開運橋がライトアップ。観光客や市民の皆さんに「盛岡のおもてなし」として楽しんでもらうために実施。ロマンチックなムードあふれるひとときを過ごせそう。
謝湯 雪中御輿まつり [お祭り]

謝湯 雪中御輿まつり

  • 2018年02月11日(日)
  • ほっとゆだ駅から車で10分
  • 冬の風物詩「雪あかり」の関連イベントとして開催、住民に潤いと安らぎを与える温泉に感謝し、湯本温泉地内を男衆が勇ましく練歩くおまつり。町内にある温泉の源泉を集め奉納し感謝の神事を行い、全国でも数少ない雪中神輿を行う。
一関市・大東大原水かけ祭り [お祭り]

一関市・大東大原水かけ祭り

  • 2018年02月11日(日)
  • 東北自動車道一関ICより約45分JR大船渡線摺沢駅下車、一関市営バスにて約20分
  • 沿道で待ち構えた人達から容赦のない冷水を浴びせかけられながら、「火防祈願」「無病息災」「家内安全」を祈って勇ましく走り抜ける裸男達。360年前の江戸時代から続く伝統的な祭りで、みちのくの極寒2月に行われることから「天下の奇祭」とも呼ばれている。このほかに、仮装手踊り・市消防団纏組による纏ぶり・市内外の各種団体のストリート演舞などが行われ、一日中楽しめるお祭りとなっている。

朝日新聞 盛岡総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ポイントは目線!

    成長を楽しく撮る小ワザ

  • 写真

    【&TRAVEL】京都にあのカボチャが出現!

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】「感動しかなかった」

    ノンスタ石田、娘への愛語る

  • 写真

    【&w】写真家・上田義彦の30年

    フォトギャラリー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「中国の検閲には波がある」

    代表的な作家・閻連科が語る

  • 写真

    WEBRONZA矢崎広インタビュー

    『PHOTOGRAPH 51』出演

  • 写真

    アエラスタイルマガジン痩せる食事vs太らない食事

    減量がうまくいかないわけとは

  • 写真

    T JAPANグッチが選んだ世界で唯一の

    “カセットテープ専門店”

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ