メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

岩手

ピックアップ

岩手の情報

特集

2017 衆院選
一瞬懸命 2017
高校野球岩手大会で優勝した盛岡大付の活躍をお伝えします。
2017 夏の高校野球
第99回全国高校野球選手権岩手大会
あした天気に
高橋博之さん、森田珪子さん、菅沼緑さん、阿部陽子さん、創造的な活動を続ける4人によるリレーコラム
不来方TEN
第89回選抜高校野球大会に出場する不来方高校を追います
山と暮らす ~岩泉のひとびと~
昨年、台風の豪雨が襲った岩泉町。取材に入って気付いたことは、山とともに暮らす人たちの力強さだった。
風化に抗う戦後71年
太平洋戦争開戦の直前から敗戦の1年後まで5年間、満州で生き抜いた三田照子さんに体験を語ってもらった
県立博物館へようこそ
学芸員のリレーコラムで、自然や文化、歴史など岩手の魅力を分かりやすく語ってもらいます
どうぶつ公園さんぽ
盛岡市動物公園で人気の動物たちを、飼育員に聞く隠れたエピソードとともに紹介します
連載3.11その時そして【7】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【6】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【5】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【4】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【3】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【2】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【1】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
吹奏楽・合唱
全日写連だより
毎月の例会での写真を紹介しています
再思三考~むのたけじの遺言
ジャズ喫茶菅原正二さんのコラム
一関のジャズ喫茶「ベイシー」オーナーのコラム「Swiftyの物には限度、風呂には温度」
こころのアンテナ
IAT岩手朝日テレビのアナウンサーやスタッフがお届けします
一日一歩 グルージャ盛岡監督
J2昇格を目指す選手らの奮闘ぶりや、クラブの裏話を菊池監督が語ります。
復興のいま
震災の復興現場が抱えている様々な課題を詳報します

岩手のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

いちのせき駅前きらきら輝くイルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

いちのせき駅前きらきら輝くイルミネーション

  • 2017年12月01日(金) ~ 2018年03月31日(土)
  • 東北自動車道一関ICより約10分JR一ノ関駅下車すぐ
  • JR一ノ関駅西口前に光り輝くイルミネーション。広場の樹木や駅舎を彩る。白や青の光は、幻想的にいちのせきの冬の夜を映し出す。ロマンテックな雰囲気を感じに足を運んでみてはいかが?
冬の肉食 [観察・ウォッチング][体験・遊覧]

冬の肉食

  • 2017年12月03日(日) ~ 2018年02月25日(日)
  • 東北自動車道 若柳金成ICから30分JR花泉駅からタクシーで20分
  • トラとライオンに金網越しにエサをあげることのできる、サファリパークならではのエサやり体験イベント。猛獣たちの本気喰いは、大迫力! キミは怖気づかずにチャレンジできるかな? 定員:各日15名 ※エサやりの動物(トラ/ライオン)は日によって異なる
企画展「もりおか冬事情 -寒さと戦う・冬を楽しむ-」 [展覧会]

企画展「もりおか冬事情 -寒さと戦う・冬を楽しむ-」

  • 2017年11月22日(水) ~ 2018年02月12日(月)
  • 盛岡ICより25分岩手県交通・岩手県北バスで「県庁・市役所前」下車、徒歩4分
  • 昭和時代ごろまでの資料を中心に、冬の暮らしを支えたさまざまな道具や、冬の情景を写した写真などを紹介する。寒さと共に歩んできた盛岡の人々の暮らしの工夫や、「冬」という季節を愛し「寒さ」を受け入れて過ごす、北国の人々の力強さ感じてほしい。
小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」 [イルミネーション・ライトアップ]

小岩井ウィンターイルミネーション「銀河農場の夜」

  • 2017年11月18日(土) ~ 2018年01月28日(日)
  • 東北自動車道「盛岡」ICより15分JR「小岩井」駅よりタクシーで10分
  • 東北最大級のイルミネーションが小岩井農場で開催。約40mのイルミネーション廻廊「光りのトンネル」、暗闇に浮かびあがる園内のSL「D51」、サイロタワーに光りの滝を表現したイルミネーションサイロや、光りのツリーなど…。輝きが織り成す幻想的な空間を見に行こう。
イルミネーションガーデン 森の風 [花火大会][イルミネーション・ライトアップ]

イルミネーションガーデン 森の風

  • 2017年09月01日(金) ~ 2018年01月08日(月)
  • 東北自動車道盛岡ICより約15kmJR盛岡駅よりシャトルバス40分 JR雫石駅よりタクシー15分
  • 夜のデザイナーズガーデンと34万球のイルミネーション。今シーズンは、新たに宮沢賢治の銀河鉄道の夜をテーマに鉄道のレールをイメージした光のラインや銀河に浮かぶ惑星のような球体イルミネーションも増設。期間中の特定日には打上花火(イルミネーションファンタジー)を開催。リニューアルしたイルミネーションと打ち上げ花火の共演をお楽しみに。
新春・お琴演奏会 [音楽イベント]

新春・お琴演奏会

  • 2018年01月07日(日)
  • 盛岡ICより25分岩手県交通・岩手県北バスで「県庁・市役所前」下車、徒歩4分
  • 新年を祝して岩手県立盛岡第二高等学校 筝曲部の生徒が、お琴の演奏を披露してくれる。新年ははもりおか歴史文化館で雅なお琴の音色で癒されてみては?
盛岡山車太鼓打ち体験 [体験・遊覧]

盛岡山車太鼓打ち体験

  • 2018年01月03日(水)
  • 盛岡ICから25分岩手県交通・岩手県北バス「県庁・市役所前」下車、徒歩4分
  • 盛岡を代表する祭りのひとつ、盛岡秋祭り。その顔となる盛岡山車に乗って太鼓打ちを体験ができる。久しぶりに盛岡に里帰りした人、観光で訪れた人、新年はもりおか歴史文化館で楽しもう! ※各回の定員は10人(先着順)
早池峰神楽(岳神楽)舞初め [年中行事・歳時記][伝統芸能・大衆芸能]

早池峰神楽(岳神楽)舞初め

  • 2018年01月03日(水)
  • 東北自動車道花巻ICより約1時間JR新花巻駅よりタクシーで約50分
  • 昭和51年に岳神楽とともに「早池峰神楽」として、国指定重要無形民俗文化財(第1号)に指定され、平成21年9月にはユネスコ無形文化遺産にも登録された、早池峰岳神楽の奉納。新年のお祝いとして、勇壮な舞の岳神楽が奉納される。
早池峰神楽(大償神楽)舞初め [年中行事・歳時記][伝統芸能・大衆芸能]

早池峰神楽(大償神楽)舞初め

  • 2018年01月02日(火)
  • 東北自動車道花巻IC約30分JR新花巻駅よりタクシーで約35分
  • 昭和51年に岳神楽とともに「早池峰神楽」として、国指定重要無形民俗文化財(第1号)に指定され、平成21年9月にはユネスコ無形文化遺産にも登録された、早池峰大償神楽の奉納。新年のお祝いとして、優雅な舞の大償神楽が奉納される。
胡四王神社蘇民祭 [お祭り][年中行事・歳時記]

胡四王神社蘇民祭

  • 2018年01月02日(火)
  • 釜石自動車道花巻空港ICより5分JR新花巻駅から徒歩約20分
  • 慶応元年(1865)から始められた伝統行事。無病息災家内安全を祈る数十名の若者が松明を手に裸で雪中行軍し、クライマックスは蘇民袋の争奪戦が行われる。

朝日新聞 盛岡総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】部屋をクリスマスムードに

    家で楽しむグッズ3選〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】南部路線を効率よく制覇へ!

    スマトラ島のディープ列車旅

  • 写真

    【&M】試写会に30組60人を招待

    映画『デトロイト』

  • 写真

    【&w】18年春夏パリコレクション

    フォトギャラリー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「基本は農家のおばちゃん」

    重労働と執筆は同時並行だった

  • 写真

    WEBRONZA柿澤勇人インタビュー

    「メリー・ポピンズ」に出演

  • 写真

    アエラスタイルマガジン伝説の繁盛店を作った男

    金があれば幸せだと思っていた

  • 写真

    T JAPAN新・竹本織太夫インタビュー

    襲名公演への意気込みを語る

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ