メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

岩手

ピックアップ

岩手の情報

特集

まちの本屋から
盛岡のさわや書店のこだわり店員たちが岩手と、あるいは岩手の課題と関連する本をとりあげていきます。
移動支局@沿岸
今回の移動支局は沿岸地域の話題を随時掲載します。
木と生きる
人の営みに深く関わってきた木。その木とともに生きる人たちの姿を追った。
2017 衆院選
一瞬懸命 2017
高校野球岩手大会で優勝した盛岡大付の活躍をお伝えします。
2017 夏の高校野球
第99回全国高校野球選手権岩手大会
あした天気に
坂田裕一さん、役重眞喜子さん、前田千香子さん、佐々木信秋さん、創造的な活動を続ける4人のリレーコラム
風化に抗う戦後71年
太平洋戦争開戦の直前から敗戦の1年後まで5年間、満州で生き抜いた三田照子さんに体験を語ってもらった
県立博物館へようこそ
学芸員のリレーコラムで、自然や文化、歴史など岩手の魅力を分かりやすく語ってもらいます
どうぶつ公園さんぽ
盛岡市動物公園で人気の動物たちを、飼育員に聞く隠れたエピソードとともに紹介します
連載3.11その時そして【8】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【7】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【6】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【5】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【4】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【3】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【2】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【1】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
吹奏楽・合唱
全日写連だより
毎月の例会での写真を紹介しています
ジャズ喫茶菅原正二さんのコラム
一関のジャズ喫茶「ベイシー」オーナーのコラム「Swiftyの物には限度、風呂には温度」
こころのアンテナ
IAT岩手朝日テレビのアナウンサーやスタッフがお届けします
スポーツコラム
県内のクラブチームを率いる監督たちがその極意と哲学を語ります
復興のいま
震災の復興現場が抱えている様々な課題を詳報します

岩手のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

錦秋湖湖水まつり [フェスティバル・パレード][花火大会]

錦秋湖湖水まつり

  • 2018年05月26日(土)
  • ほっとゆだ駅から徒歩3分
  • 錦秋湖マラソンの前夜祭として行われる湖水まつり。御輿渡卸、夕方からは湖畔の川尻小公園でかがり火に照らされながら雄姿を披露する湯本鬼剣舞公演などが続く。メインとなる花火大会では、2000発を超える豪華花火が打ち上げられ、湖面が七色に輝き見る人を楽しませてくれる。
おんがく活動応援企画「ホールで練習してみませんか?」(5月) [体験・遊覧][音楽イベント]

おんがく活動応援企画「ホールで練習してみませんか?」(5月)

  • 2018年05月26日(土) ~ 2018年05月27日(日)
  • 東北自動車道 平泉前沢ICより約7分JR前沢駅西口から北へ徒歩約5分
  • ピアノだけに限らず、楽器(電気を使用しない楽器に限る)や、歌(合唱団は含まない)を習っている人たちにもホールの空き日を利用し気軽にホールで練習する機会を提供するイベント。
河北新報錦秋湖マラソン [スポーツ]

河北新報錦秋湖マラソン

  • 2018年05月27日(日)
  • ほっとゆだ駅から徒歩3分
  • 錦秋湖が新緑に染まるさわやかな風の中、全国から2,000人超のランナーが出場し、健脚を競う。また、大会前日には錦秋湖湖水まつりが開催され、花火大会などが楽しめる。
秋田駒ケ岳山開き [スポーツ][ウォーキング・散策]

秋田駒ケ岳山開き

  • 2018年06月01日(金)
  • 盛岡ICより60分
  • 秋田駒ヶ岳は、十和田八幡平国立公園の最南端に位置し、秋田、岩手の両県にまたがっている。山名は、初夏の残雪の頃に山腹へ奔馬の姿が現れるという伝説にちなんでおり、変化に富んだ火山地形とコマクサに代表される数百種に及ぶ高山植物の宝庫となっている。
寺山修司演劇祭 寺山修司 朗読ジュリエット・ポエット 「赤糸で縫いとじられた物語」 [演劇・ダンス]

寺山修司演劇祭 寺山修司 朗読ジュリエット・ポエット 「赤糸で縫いとじられた物語」

  • 2018年06月02日(土) ~ 2018年06月03日(日)
  • 岩手県交通バス みずほ銀行・青春館前 より徒歩2分
  • 東北出身の劇作家 寺山修司が名づけた「ジュリエット・ポエット」散文詩と童話の不思議な世界。抒情と幻想が溶け合った鮮やかな短編を朗読で楽しもう。
ポラーノまつり2018 [展示会・展示イベント][食のイベント][音楽イベント][飲食店のイベント]

ポラーノまつり2018

  • 2018年06月02日(土) ~ 2018年06月03日(日)
  • 東北自動車道紫波ICより約4km
  • 岩手県紫波町のビューガーデンで開催されるクラフトフェア。宮澤賢治の童話「ポラーノの広場」をイメージしたこのイベントは、緑豊かなしばふ広場に全国からクラフト作家が集い、手仕事のぬくもりが伝わる作品を販売する。ジャンルは、陶芸・木工・皮革・ガラス・染色・羊毛など。田園風景を一望できるロケーションでお気に入りを探しながら生演奏を聴いたり、美味しいものを楽しめる野外イベント。ワークショップもあり。
元祖しずくいし軽トラ市(6月) [フリーマーケット・バザー]

元祖しずくいし軽トラ市(6月)

  • 2018年06月03日(日)
  • 「盛岡」ICより約11kmJR「雫石」駅から徒歩7分
  • 約500mの「よしゃれ通り」に約50台の軽トラックが並び、荷台いっぱいに地元の新鮮野菜や加工品などが販売される。イベント盛りだくさんの軽トラ市に行ってみよう!
チャグチャグ馬コ [お祭り][年中行事・歳時記]

チャグチャグ馬コ

  • 2018年06月09日(土)
  • 盛岡ICから県道盛岡環状線を北へ約15分
  • 色とりどりの装束をまとった約100頭の馬コが、滝沢市の鬼越蒼前神社から、盛岡市中心部の盛岡八幡宮までの約14kmを「チャグチャグ」と鈴の音を響かせながら大行進! 馬コの休憩場所では触れ合い体験もできる。「残したい日本の音風景100選」にも選出された盛岡の初夏の風物詩を体感しよう。
小岩井農場 モリアオガエル観察会 [観察・ウォッチング][体験・遊覧][ウォーキング・散策]

小岩井農場 モリアオガエル観察会

  • 2018年06月09日(土) ~ 2018年06月10日(日)
  • 東北自動車道「盛岡IC」より15分JR「小岩井駅」よりタクシーで10分
  • 泡の卵塊を水辺の木の枝に産み付けるのがモリアオガエル。鮮やかな緑色の体で、少し大きめ、指には大きな吸盤を持つかわいいカエルだ。産卵のためにカエルが集まる池は、その名も「蛙池(カワズイケ)」。他にも数種類のカエルを見ることができる。雨天時ほどカエルたちは活発で、足元が濡れた場所を歩く。防寒具と履物(長靴もしくはスノトレ+スパッツ等)は各自用意しよう。※最少催行人数1名、定員各回30名
第36回さなぶり大会 [各種ショー][伝統芸能・大衆芸能]

第36回さなぶり大会

  • 2018年06月10日(日)
  • 東北自動車道「平泉前沢」ICより約7分JR東北本線「前沢」駅西口より徒歩5分
  • 今年のさなぶり大会は特別出演として一文字美咲一座による、股旅・舞踊・歌謡ショーもあり、より一層華やかなステージになること間違いなし! 皆で一緒に楽しもう!

朝日新聞 盛岡総局 公式ツイッター

注目コンテンツ