メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

岩手

ピックアップ

岩手の情報

特集

移動支局@沿岸
今回の移動支局は沿岸地域の話題を随時掲載します。
木と生きる
人の営みに深く関わってきた木。その木とともに生きる人たちの姿を追った。
2017 衆院選
一瞬懸命 2017
高校野球岩手大会で優勝した盛岡大付の活躍をお伝えします。
2017 夏の高校野球
第99回全国高校野球選手権岩手大会
あした天気に
高橋博之さん、森田珪子さん、菅沼緑さん、阿部陽子さん、創造的な活動を続ける4人によるリレーコラム
風化に抗う戦後71年
太平洋戦争開戦の直前から敗戦の1年後まで5年間、満州で生き抜いた三田照子さんに体験を語ってもらった
県立博物館へようこそ
学芸員のリレーコラムで、自然や文化、歴史など岩手の魅力を分かりやすく語ってもらいます
どうぶつ公園さんぽ
盛岡市動物公園で人気の動物たちを、飼育員に聞く隠れたエピソードとともに紹介します
連載3.11その時そして【7】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【6】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【5】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【4】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【3】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【2】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
連載3.11その時そして【1】
3月11日、午後2時46分、みんなは、何をしていたのだろう。それから、どう生きているのだろう。
吹奏楽・合唱
全日写連だより
毎月の例会での写真を紹介しています
再思三考~むのたけじの遺言
ジャズ喫茶菅原正二さんのコラム
一関のジャズ喫茶「ベイシー」オーナーのコラム「Swiftyの物には限度、風呂には温度」
こころのアンテナ
IAT岩手朝日テレビのアナウンサーやスタッフがお届けします
一日一歩 グルージャ盛岡監督
J2昇格を目指す選手らの奮闘ぶりや、クラブの裏話を菊池監督が語ります。
復興のいま
震災の復興現場が抱えている様々な課題を詳報します

岩手のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

黒石寺蘇民祭 [お祭り][年中行事・歳時記]

黒石寺蘇民祭

  • 2018年02月22日(木) ~ 2018年02月23日(金)
  • 東北自動車道水沢ICより25分/東北自動車道平泉前沢ICより20分JR水沢駅から車で約20分
  • 厄払いや五穀豊穣を祈願し、夜を徹して男たちが繰り広げる勇壮な祭り。千年以上の歴史を持つといわれ、現在も旧暦正月7日の夜から翌朝にかけて古式にならい行われている。全国的にも原型を失ってない祭りとして注目されるお祭り。裸の男たちが激しくぶつかりあう様は迫力満点!
沢内クロスカントリースキー大会 [スポーツ]

沢内クロスカントリースキー大会

  • 2018年02月24日(土) ~ 2018年02月25日(日)
  • ほっとゆだ駅から車で20分
  • 第24回沢内クロスカントリースキー大会及び第18回沢内クロスカントリースキー・マスターズ大会を開催。県内の小・中学生対象のクロスカントリースキー大会だ。また、マスターズ大会も合わせて開催され、岩手県のスキーシーズンの最後に開催される大会として注目を集めている。
小岩井農場スノーシューウォーク [観察・ウォッチング][体験・遊覧][ウォーキング・散策]

小岩井農場スノーシューウォーク

  • 2018年02月03日(土) ~ 2018年02月25日(日)
  • 東北自動車道盛岡ICより15分JR小岩井駅からタクシーで10分
  • 小岩井農場の広い雪原をスノーシューでウォーキング。雪面に一足早く残る動物の足跡は誰のもの? 雪の感触を楽しみながら、冬の農場を満喫しよう。
冬の肉食 [観察・ウォッチング]

冬の肉食

  • 2017年12月03日(日) ~ 2018年02月25日(日)
  • 東北自動車道 若柳金成ICから30分JR花泉駅からタクシーで20分
  • トラとライオンに金網越しにエサをあげることのできる、サファリパークならではのエサやり体験イベント。猛獣たちの本気喰いは、大迫力! キミは怖気づかずにチャレンジできるかな? 定員:各日15名 ※エサやりの動物(トラ/ライオン)は日によって異なる
志波城歴史講演会「志波城造営から見える坂上田村麻呂が目指した東北」 [講座・講演・シンポジウム]

志波城歴史講演会「志波城造営から見える坂上田村麻呂が目指した東北」

  • 2018年03月03日(土)
  • 東北自動車道「盛岡」ICから約4km岩手県交通バス「アイスアリーナバス停」徒歩約10分
  • 約1200年前の平安時代、北東北は蝦夷エミシの地だった。坂上田村麻呂の志波城造営から見える彼の目指した蝦夷との関係、彼の描いた未来について、周辺の蝦夷の村の発掘調査成果などから考える。当時の東北経営とその歴史について、最新の調査成果も交え、初心者にもわかりやすく解説。申込不要・直接会場へ。定員100名。
志波城古代公園 いにしえのひなまつり展 [年中行事・歳時記][展示会・展示イベント][展覧会]

志波城古代公園 いにしえのひなまつり展

  • 2018年02月03日(土) ~ 2018年03月04日(日)
  • 東北自動車道 盛岡IC・盛岡南ICより15分岩手県交通バス 志波城古代公園バス停すぐ
  • 平安時代から貴族子女は、今の「ままごと遊び」のような「ひいな遊び」を行うとともに、3月初めには無病息災を願うお祓い行事も行っていた。後にこれらが庶民の間に広がり「ひなまつり」になったといわれている。今回、平安時代の役所跡である志波城古代公園では、長年縁起のより二枚貝のひな人形づくりをされている人の作品約20点を展示する。豪華絢爛なひなまつりとは違った雅な雰囲気を楽しめる。
下前厄払い人形送り [お祭り]

下前厄払い人形送り

  • 2018年03月04日(日)
  • ほっとゆだ駅から車で15分
  • 地区民が集ってワラ人形を作り、地区内を練り歩いて地区入口の木にワラ人形を取り付け、各戸の人数分の団子をワラ人形につるして参拝する。地域の伝統行事に参加しよう。
APPI BUBBLY DISCO NIGHT SPECIAL [音楽イベント][芸能人・著名人]

APPI BUBBLY DISCO NIGHT SPECIAL

  • 2017年12月23日(土) ~ 2018年03月17日(土)
  • 高速松尾八幡平ICから14分盛岡から路線バス・仙台駅から無料シャトルバス利用
  • 安比高原では期間限定のスペシャルイベント『APPI BUBBLY DISCO NIGHT』を92日間にわたって開催。毎月ゲストを招いたスペシャルイベントがあり、2/24(土)には、今年「ダンシング・ヒーロー」でネオバブル時代の象徴として話題の、荻野目洋子さんの出演も決定している。その他にも豪華ゲストが登場し、「APPI BUBBLY DISCO NIGHT」を更に盛り上げる!
早池峰神社蘇民祭 [お祭り][年中行事・歳時記]

早池峰神社蘇民祭

  • 2018年03月17日(土)
  • 東北自動車道花巻ICより約1時間JR新花巻駅よりタクシーで約50分
  • 厄除け、無病息災、五穀豊穣などを願い、裸の男たちが雪の境内で蘇民袋を奪い合う勇壮な祭り。 押し合いながら参道を下り、参道の鳥居で袋の口を押さえている人に駒が与えられる。
いちのせき駅前きらきら輝くイルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

いちのせき駅前きらきら輝くイルミネーション

  • 2017年12月01日(金) ~ 2018年03月31日(土)
  • 東北自動車道一関ICより約10分JR一ノ関駅下車すぐ
  • JR一ノ関駅西口前に光り輝くイルミネーション。広場の樹木や駅舎を彩る。白や青の光は、幻想的にいちのせきの冬の夜を映し出す。ロマンテックな雰囲気を感じに足を運んでみてはいかが?

朝日新聞 盛岡総局 公式ツイッター

注目コンテンツ