メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載

リオへ東京へ 新体操・喜田純鈴選手

写真:長い手足を使って、のびのびと演技する喜田純鈴選手=綾川町陶 拡大長い手足を使って、のびのびと演技する喜田純鈴選手=綾川町陶

  綾川町の町総合運動公園体育館にはひんやりとした空気が漂っていた。喜田純鈴(きたすみれ)(14)は「エンジェルRGカガワ日中」のメンバーとともに、体のバランスや柔軟性を鍛える運動に1時間以上を費やした。「いまは基礎のトレーニングをしっかりしたい」と話す。

  12歳で出場した2013年の全日本選手権。種目別のフープとクラブで史上最年少優勝を果たし、個人総合でも2位になった。15年も個人総合2位。すらりと長い手足をしなやかに使い、シニアの選手をしのぐ演技を見せる。

  大学まで新体操をしていた母親の志保(38)が「何か習い事を」と、クラブに連れていったのが4歳の時だ。人見知りでコーチに何か言われると、後ろに隠れてしまうような子だった。

  ◇   ◇

  コーチの劉宇が「手や脚が長く、プロポーションが良い」と評する長所を武器に、12歳での全日本種目別優勝で注目を集めた。ただ、この頃は気持ちがついて行かず、周囲が背中を押すことで本人のやる気を引き出すしかなかった。

  精神的に大きく成長したのはこの1年だ。志保は「ハプニングがあっても、負けずに自分なりに乗り越えようとしてきた。うまくいくことばかりではなかったし、忙しかったが、たくましくなった」と話す。

  自らも世界選手権に出場した経験を持つコーチの劉は厳しく見守る。「気持ちが足りない。限界まで練習できていない。もっと自分と戦わないと。自分で目標を決め、ちゃんと最後までやり抜いてほしい」。期待を込め、そう話す。

  注目されることの重圧は本人も感じている。試合ではいつも緊張する。失敗が怖いと感じることもある。だが経験を重ね「緊張したらどうしたらいいか分かってきた。ここまでの立場になったら、やめられない。やりがいも感じている」と、自覚を口にする。

  自ら「おおざっぱ」と話す性格で、理屈よりも感覚で演技するタイプ。「細かいところに注意が行き届かず、小さなミスをしてしまう」ことを課題に挙げる。体幹を鍛える筋力トレーニングや、柔軟性や筋力を高めるバレエにも取り組む。目指すのは「見ている人が感動するような演技」だ。

  日本体操協会の特別強化選手に指定され、試合で国内外を飛び回る日々だ。東欧など海外での試合を経験し「世界の選手はオーラがすごい。多少失敗しても、自信を持って演技をしている」と、刺激を受けている。

  ◇   ◇

  12年のロンドン五輪を見て「雰囲気や、良い演技ができたときの喜び方が全然違う」と、五輪へのあこがれの気持ちを抱いた。今年のリオデジャネイロには年齢制限のため出場できない。19歳で迎える20年の東京五輪に期待がかかる。「オリンピックで表彰台に上がりたい。ぼんやりと想像できている」=敬称略

(休波希)

 <プロフィル>
 坂出市立坂出中学校3年。全国中学校大会の種目別、個人総合の全てで3年連続優勝。2013年の全日本新体操選手権では、種目別フープとクラブで史上最年少優勝。13、15年全日本選手権で個人総合2位。日本体操協会の特別強化指定選手。

 <新体操> 五輪では1984年のロサンゼルス大会で個人競技が、96年のアトランタ大会から団体競技が正式種目となった。ロープ(縄)、フープ(輪)、ボール、クラブ(こん棒)、リボンの5種目がある。音楽に合わせてそれぞれの手具を操り、美しさと芸術性を競う。団体競技は1チーム5人の選手が演技する。

2016年1月3日

ここから広告です

高松総局から

県内の様々な課題を探る「深層2015」を掲載中です。twitter(asahi_takamatsu)もご覧下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 高松総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】平安貴族が夢見た春の景色

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】古民家カフェで美味ケーキ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日池上彰さん、広島の高校へ

    「君たちはどう生きるか」語る

  • 写真

    WEBRONZAエスタブリッシュメント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマンの冬の装い

    冬こそできる着こなしの工夫

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+リスボンで缶詰メシを食べる

    記者メシ連載「一食一会」

  • 写真

    sippo夫にすり寄るのは猫だけ?

    猫2匹と家族4人の微妙な関係

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ