メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

瀬戸内国際芸術祭2016【しまうみあるく】

国境を越えて・海

写真: 拡大

 ビルが立ち並ぶ高松港前の広場に場違いな物体が一つ。台湾から漂着した船、という設定が郷愁を誘う。高さ9メートルの船は、「ゴバンノアシ(碁盤の脚)」の種の形をしている。種が海を漂流することで知られる南国の植物だ。

 「都会と自然が対話しているようで面白いでしょ」。林舜龍(リンシュンロン)さん(57)=写真=は留学で覚えた流暢(りゅうちょう)な日本語で説明してくれた。

 台湾の流木を素材に用いている。5、6年前の台風で流された木を活用したのだという。船の中には階段があり、意外と広い。前回の瀬戸内国際芸術祭では豊島の浜辺に「漂着」し、劇場として使われた。

 船の周りにコスモスの種をまいている。夏ごろには花畑に浮かぶ船が見られるはずだ。その後は漂流を続けるのだろうか。できればこのまま、高松港のランドマークになってほしい。

(細川治子)

高松港(高松市)
【会場へのアクセス】JR高松駅から歩いて海側へ。フェリー乗り場の近く。

2016年4月13日

PR情報

ここから広告です

高松総局から

県内の様々な課題を探る「深層2015」を掲載中です。twitter(asahi_takamatsu)もご覧下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 高松総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】マックイーンの軌跡を追う

    上間常正@モード

  • 写真

    【&TRAVEL】駿河湾の男衆が女装して踊る

    「天下の奇祭」大瀬まつり

  • 写真

    【&M】佐藤可士和の「超整理術」

    原点はガキ大将の美しい部屋

  • 写真

    【&w】会社やめた。どう生きれば?

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日くらもちふさこさん初の自伝

    壮絶なマンガ制作秘話が満載

  • 写真

    WEBRONZA田中均氏が語る「平成」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま、ワードローブが変わる

    #1ジョルジオ アルマーニ

  • 写真

    T JAPAN歌舞伎の味わい方<時代物編>

    人間国宝、片岡仁左衛門が語る

  • 写真

    GLOBE+ヨルダン王女と単独会見

    がん征圧に身を投じた理由

  • 写真

    sippo「看板犬」に期待した子犬

    超ビビリ、家で味見役に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ