メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸内国際芸術祭2016

歴代町長ゾクゾク訪問

写真:映像作品の一場面。九つの画面で物語と音声が同時進行するシーンもあり、観客の混乱を誘う 拡大映像作品の一場面。九つの画面で物語と音声が同時進行するシーンもあり、観客の混乱を誘う

写真:作品の開幕式典に参加した浜中満町長(右)、丹羽良徳さん(右から2番目)ら=直島 拡大作品の開幕式典に参加した浜中満町長(右)、丹羽良徳さん(右から2番目)ら=直島

 アートの島として国内外に知られる直島で、異色の記録映像作品が話題になっている。開催中の瀬戸内国際芸術祭に出展された作品の一つで、タイトルは「歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう」。全国の霊媒師を島に招き、呼び寄せた歴代直島町村長の霊と、現在の浜中満町長(59)が対面する。

 福武財団が運営する直島町の宮浦ギャラリー六区で9月4日まで上映されている。手がけたのは愛知県出身のアーティスト丹羽良徳さん(33)。7月18日にあった作品の開幕式典では、明治中頃に初代直島村長を務めた三宅しゅん吾(しゅんはくるまへんに「盾」、しゅんご)さんの霊が、霊媒師を介して「どうか楽しんでいってください」とあいさつした。

 作品は約1時間。東北、名古屋、大阪などの霊媒師5組がそれぞれ町長室を訪れる。16代15人のうち、子孫や親族の了解が得られた7代6人の霊をさまざまな手法で呼び寄せる。

 「苦労話など聞かせていただければ」。浜中町長が丁寧に質問すると、「空襲だとか大変だった」と答える。なかには「自分で背負いこんで何をやっているんだ!」と突然説教を始める霊も。浜中町長は「そんなことないんですが」と苦笑するばかり。丹羽さんが浜中町長に出演を依頼したり、霊媒師に「直島の霊はしゃべらない」と協力を断られたりする場面もある。

 丹羽さんは「現代を生きる人からは信用されないもの、バカにされるようなものに興味がある」と話す。霊を呼ぶ「口寄せ」は、近親者が故人をしのぶ極めて私的な行為。それをあえて、歴代町長という公的な、誰でも知りうる島の歴史の中で捉え直そうとした。「カメラの前なので誇張はあっただろうし、ウソもあったかもしれない。ただ、誰もが信用する歴史に異議を唱える態度は大切だと思う」

 開幕日に丹羽さんと対談した芸術人類学者の中島智さんは「アーティスト自身が信頼できないと思っているものをぶつけてみるやり方は、まさにアートだと思う」と評した。浜中町長は「正直いまだに半信半疑だが、励まされたり怒られたりと貴重な経験になった」と話している。

(多知川節子)

2016年8月19日

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

高松総局から

県内の様々な課題を探る「深層2015」を掲載中です。twitter(asahi_takamatsu)もご覧下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 高松総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ