メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと@讃岐

日本語を教えるボランティア平田百合子さん

写真: 拡大

 県内で暮らす外国人向けの日本語教室で、20年以上にわたって教えてきた。「身の回りのことを伝え合う、ご近所さんのような関係でありたい」

 高松市の出身。大学卒業後、青年海外協力隊員として中米ホンジュラスに赴き、スポーツの指導などにあたった。インターネットがなかった時代。バスの乗り方や買い物先など、現地の知り合いに何でも教わった。

 2年間の派遣を終え、1984年に帰国。同じアパートに住むフィリピン人の女性と、母親同士で親しくなった。「子どもが熱を出した」「保育園に預けるにはどうしたらいい?」。そう尋ねる女性の姿は、ホンジュラスでの自分と重なった。言葉のわからない土地で頼るのは、身近な人なのだと気づいた。

 香川に戻り、日本語ボランティアの養成講座で知り合った仲間とともに95年、「日本語サークル『わ』の会」をつくった。初めは外国人の母親の家を訪れ、日本語だけでなく、日本の育児も教えた。

 今は週1回、高松市内の公民館を借りて教室を開いている。子どもから社会人まで、毎回15人ほどが集まる。「先生役」のボランティアは30人以上になった。

 生活のため、仕事や試験のため。ニーズは様々だ。日本語が全く話せない状態からスタートする人も多く、できる限り一対一で指導する。

 「帰り際、『また来ます』と言ってくれる笑顔がやりがいです」

(福井 万穂)

2018年11月25日

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

高松総局から

県内の様々な課題を探る「深層2015」を掲載中です。twitter(asahi_takamatsu)もご覧下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 高松総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ