メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと@讃岐

絵や手話を使った教材を考案久保みどりさん

写真: 拡大

 言葉での意思疎通が難しい子どもを支えようと、絵と文字、手話を使った教材「みるみるカード」を開発した。「ハンディの有無に関わらず、一緒に学べる環境づくりにつなげたい」と願う。

 地元・福岡の大学で児童教育を学び、東京の児童養護施設や特別支援学校で働いた。2016年、夫の転勤で高松市に移住。3人の子どもを育てる傍ら、親子教室やイベントを主催する。

 03年に出産した長男は、周りに比べて言葉の発達が遅かった。病院では「様子を見てほしい」と言われたが、思い悩んだ。考えついたのが、視覚を使う方法だった。

 赤色のクレヨンを見せて「あか」と声に出し、同時に手話で示す。人は、言葉より先に手が発達する。長男も先に手話を覚え、次第に言葉もついてきた。

 製作したカードは、色や曜日、あいさつから気持ちまで15ジャンル。例えば、赤のカードには、表に「あか」の文字と赤いクレヨンの絵が、裏には手話のイラストが書かれている。耳が不自由だったり、文字を読むのが苦手だったりする子どもらのため、親子教室で使っているほか、ネット上で販売もしている。

 昨年12月、香川大であった地域振興のアイデアを募るコンペで、教材の電子化を提案してグランプリに選ばれた。カードをスマートフォンで見られる機能や、歌や映像で学べる動画の製作をめざす。「全国の家庭や教育現場で使ってもらいたい」

(福井 万穂)

2019年2月6日

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

高松総局から

県内の様々な課題を探る「深層2015」を掲載中です。twitter(asahi_takamatsu)もご覧下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 高松総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ