メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと@讃岐

アンガーマネジメント伝える 谷川由紀さん

写真: 拡大

 怒りやイライラを自分でコントロールする「アンガーマネジメント」の手法を伝える認定講師として、年120回もの講演に駆け回る。

 本業は、高松市で開業する社会保険労務士。従業員が仕事と育児・介護を両立し、経営者も優秀な人材を確保できるよう、中小企業を支えている。「いまが人生で一番忙しいけど、やりたい仕事しかしていない」と笑う。

 生まれ育ちは大阪。大卒後に勤めた旅行会社で海外駐在もした。29歳で結婚。子どもができたら、夜中まで働く生活はできないと転職した。長男を育てながら働いた次の人材業界では、育児や介護を抱える女性が書類選考で落とされるのを何度も目にした。

 社労士ならば、企業側にアプローチして現状を変えられると、働きながら資格を取得。再婚を機に来た高松で2013年に開業した。

 高松で長女が2歳になったころ、夫が大阪へ単身赴任に。家事と育児、仕事に追われ、「毎日、子どもを怒鳴り倒し、毎晩、寝顔を見ながら後悔する。本当にしんどかった」。そんなとき、ネットでアンガーマネジメントに出会った。すぐに研修を受け、認定講師になった。

 講演では、自分が怒鳴っていた経験も赤裸々に語る。「自分のことのようだと共感されることが多い。私は、感情のコントロール術を知って生きやすくなった。だから広めたい」。いま深刻な児童虐待を防ぐため、このスキルを生かした加害者支援にも取り組みたいと思っている。

(多知川節子)

2019年6月24日

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

高松総局から

県内の様々な課題を探る「深層2015」を掲載中です。twitter(asahi_takamatsu)もご覧下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 高松総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ